神について Ⅰ 単C

Report No.284

今後の文明は神への信仰が土台に置かれるわけですが、この「信仰」、あるいは「神」というのが最も「曲者」であり、この世では精神即物質、実相即方便で実相の神と方便の神の双方を理解する必要があるわけです。

これは神の秩序を理解するという意味であり、実相の神が「天」であり、方便の神、いわゆる霊天上界においてこの世の人間に対して具体的にインスピレーションや啓示を与え、指導している人格神と言われる存在の「中」、そしてこの世に生きている人間の「地」、この「天」、「中」、「地」の神の絶対的秩序を知る必要があるのです。

関連記事

  1. 救世の4原理 71 単C

  2. 救世の4原理 52 単C

  3. 勝利の方程式 単C

  4. 絶対性理論 8 単C

  5. 絶対性理論 1 単C

  6. 世界の諸問題の原因と解答 Ⅰ 単C

  7. 唯美進化論 1 単C

  8. 経験を超えて 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    エリュシオン 44
  2. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  3. Truth

    エリュシオン 43
  4. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  5. Creator's Report

    回想 13
  6. 単体 C

    回想 13 単C
  7. Truth

    エリュシオン 42
  8. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  9. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  10. Creator's Report

    回想 12
  11. 単体 C

    回想 12 単C
  12. Truth

    エリュシオン 41