神について Ⅱ 単C

Report No.286

多次元世界とは神の秩序の表現です。

悟りの段階を神の秩序と言います。

この神の定めた絶対の秩序があるゆえに数に関係なく全ての霊人は永遠の幸福を享受しているのです。

数量に関係しないという点に神の無限性があらわれています。

神の心は無限であり、神の体は有限ですから、神への信仰とは無限性を信ずることを言います。

関連記事

  1. 三界即三世の悟りとしての人生の意義 単C

  2. 救世運動の失敗と混乱 単C

  3. 永遠の実在論 単C

  4. 汝自身を知れ 単C

  5. 神への信仰とは何か 単C

  6. 救世の4原理 18 単C

  7. 救世の4原理 13 単C

  8. 多次元世界の死角 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    回想 14
  2. 単体 C

    回想 14 単C
  3. Truth

    エリュシオン 44
  4. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  5. Truth

    エリュシオン 43
  6. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  7. Creator's Report

    回想 13
  8. 単体 C

    回想 13 単C
  9. Truth

    エリュシオン 42
  10. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  11. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  12. Creator's Report

    回想 12