単体 C

神の存在とあの世の存在 単C

Report No.150

「永遠」がなければ目的もない。

「永遠」がないとは、有限と限界しかなく、無限もないということだ。

無限がないとは、人は無限に向上していくことができず、ローマクラブの如きその精神にも成長の限界があるということになる。

精神と物質を混同すれば、物質に限界があるように精神の成長にも限界があるという結論になる。

精神の成長に限界があるという観念もおかしな観念です。

精神活動のどこに限界があるのでしょう。

関連記事

  1. 輪廻転生の法則 単C

  2. 救世の4原理 9 単C

  3. 救世の4原理 127 単C

  4. 救世の4原理 137 単C

  5. 救世の4原理 44 単C

  6. 救世の4原理 126 単C

  7. 宇宙即我の悟りとは何か 単C

  8. 「救世の法」とは何か 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. 真理関係

    次世代の真文明 9
  2. Creator's Report

    救世の4原理 139
  3. 単体 C

    救世の4原理 139 単C
  4. Truth

    総括 19
  5. 単体 T

    総括 19 単T
  6. Creator's Report

    救世の4原理 138
最近の記事 おすすめ記事