神の存在 3 単T

今回の「救世の法」において従来の真理と決定的に異なっていると言える点とは、その神とは何かが正確に説かれる点であり、今までのようにアラーを拝む、

あるいはイエスを拝むと言った個人崇拝型の方便神への信仰は以後の未来では終りです。

アラーやイエスと言った方便の神、この「主」ではなく、「従」の方便神を今まで、特に中東では拝んできました。

関連記事

  1. ベーシック・インカム 1 単T

  2. 憑依の原理 4 単T

  3. アンタッチャブル 6 単T

  4. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 9ー 単T

  5. 全体の悟り 10 単T

  6. 原文 24 単T

  7. 仏陀の法の修正 1 単T

  8. ハルマゲドン 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    基本的人権の中核概念
  2. 国際

    クロス・デフォルト
  3. Creator's Report

    次世代は神の文明となる
  4. Truth

    波長同通の法則の真意
  5. Creator's Report

    勝利の方程式
  6. Truth

    原文 44
  7. 国際

    絶望化するワクチン
  8. Creator's Report

    次世代の文明の土台 1
  9. Special

    The Democratic Testament…
  10. Creator's Report

    正しき未来
  11. Truth

    神の素顔
  12. 国際

    Mu(ミュー)株・Nu(ニュー)株・Xi(クサイ…