単体 T

神の存在 3 単T

今回の「救世の法」において従来の真理と決定的に異なっていると言える点とは、その神とは何かが正確に説かれる点であり、今までのようにアラーを拝む、

あるいはイエスを拝むと言った個人崇拝型の方便神への信仰は以後の未来では終りです。

アラーやイエスと言った方便の神、この「主」ではなく、「従」の方便神を今まで、特に中東では拝んできました。

関連記事

  1. 宗教の正邪を分ける7つの公理 5 単T

  2. 憑依の原理 5 単T

  3. エリュシオン 37 単T

  4. 神の呼吸のみ実在 単T

  5. 神の光 単T

  6. 「神の聖なる支配」について少々 単T

  7. エリュシオン 48 単T

  8. 未熟な哲学と思想 1 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    救世の4原理 144
  2. 単体 C

    救世の4原理 144 単C
  3. Truth

    総括 30
  4. 単体 T

    総括 30 単T
  5. Creator's Report

    救世の4原理 143
  6. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命