単体 C

神の心とは、人類の本音である 単C

Report No.260

諸神霊は今回、人間・罪の子の思想を修正しておりましたが、しかして人間がその未熟から今後も罪や悪を犯していく事実は否定できません。

やはり一点の罪もなく、悪もないというのは神のみに許された無謬性であって、人間ではあり得ないことです。

人間は神ではない限り、今後の人類も悪を犯すし、罪も犯します。

だから積極的に罪を犯せと言っているわけでもなく、悪を為せと言っているわけでもありませんが、人間の心にはそういう悲しい側面があります。

関連記事

  1. 救世の4原理 93 単C

  2. 回想 20 単C

  3. 唯物論 単C

  4. 救世運動の失敗と混乱 単C

  5. 多次元世界の秘密 単C

  6. 最後の審判 単C

  7. 救世の4原理 111 単C

  8. 救世の4原理 78 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    総括 25
  2. 単体 T

    総括 25 単T
  3. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  4. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  5. Truth

    総括 24
  6. 単体 T

    総括 24 単T
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.15

    総括 25
  2. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.15

    総括 25
  2. 2024.06.12

    総括 24 単T