神の心とは「即の中道」と「水平線」に在る 単C

Report No.198

宇宙は神の心の表現体であり、神の神殿です。

従って神の心即神の体、精神即物質、人格即肉体、神の心即神の光、天即地、真理即現象利益、上即下、幸福即快楽、神我即自我、絶対即相対であり、全ては一つという永遠の世界です。

ヘーゲルは「個即絶対者」、あるいは「当為即存在」と言い、西田哲学では「統一即矛盾」として説かれました。

神の心に入るとは、この「即の中道」に入ることを言います。

「即の中道」に入るとは、自己の心に「水平線(ストレート)」を引く、この「一線」を引くことと言っても同じです。

大抵は自己の心にこの「一線」を引けないのです。

関連記事

  1. 救世の4原理 28 単C

  2. 現代の神理 単C

  3. 神について Ⅱ 単C

  4. 天地一体の理法とは宗教改革の土台 単C

  5. 神への信仰と菩提心 単C

  6. 正しき未来 単C

  7. 回想 4 単C

  8. 高橋信次の神理 4 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    エリュシオン 44
  2. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  3. Truth

    エリュシオン 43
  4. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  5. Creator's Report

    回想 13
  6. 単体 C

    回想 13 単C
  7. Truth

    エリュシオン 42
  8. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  9. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  10. Creator's Report

    回想 12
  11. 単体 C

    回想 12 単C
  12. Truth

    エリュシオン 41