単体 C

神の栄光 単C

 Report No.354

宇宙は神の表現体であり、神の体である : 高橋信次

大宇宙が神の体であるということは、大宇宙そのものが神であるということです。

大宇宙があるから銀河系があり、銀河系があるから太陽系があり、太陽系があるから太陽があり、太陽があるから人類と動植物は生存していくことができます。

大宇宙が存在していなければ、人類は生存できないということです。

大宇宙が存在しているから人類もまた存在している。

大宇宙と人類は永遠に一体であるということです。

大宇宙と人類が始めから分かれて存在しており、双方それぞれが勝手に存在しているわけではありません。

華厳思想の「一即一切、一切即一」であり、ドイツ観念論やギリシャ哲学で言われてきた「一即全、全即一(ヘンカイパン)」です。

大宇宙の存在を神と言いますから、神が存在しているから人類もまた存在できるということです。

大宇宙が存在しているから人類は存在している。

大宇宙が全ての存在を生かしている大元であることは明らかです。

関連記事

  1. 世界の諸問題の原因と解答 Ⅰ 単C

  2. 因果の理法の新展開 単C

  3. 人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 3 単C

  4. 記録 単C

  5. 絶対性理論 15 単C

  6. 救世の4原理 129 単C

  7. 普遍的な「救世の法」単C

  8. 救世の4原理 29 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  2. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
  3. Truth

    知の原理
  4. 単体 T

    知の原理 単T
  5. 国際

    思い出した予言
  6. Creator's Report

    光の盾
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾