単体 T

神の絶対の理法 単T

過去・現在・未来を通して神の心が「天」であり、神の体が「地」で、永遠に天地一体です。

1000年後も2000年後も変わりません。

神の心が「天」であり、人間の心が「地」で、永遠に天地一体です。

今は無神論や盲信、並びに狂信によって天地が分かれておりますけれども、人類が神への信仰を通して天地一体の姿を取り戻したならば、そこに全人類の幸福が実現していきます。

天地一体の原理こそが人類の幸福の原理だからです。

従って現代の世界がそうですが、天地の分離は不幸の原理ですので、人類はこの不幸の原理の通り不幸になっています。

宇宙は神の心が「天」であり、神の体が「地」で、永遠に天地一体です。

大宇宙は永遠に幸福を体現した存在と言っていいでしょう。

関連記事

  1. 永遠の目的 単T

  2. 全体の悟り 5 単T

  3. 戒律 13 単T

  4. 地獄界の創造原理 単T

  5. 原文 43 単T

  6. 全体の悟り 12 単T

  7. 幸福を科学する 5 単T

  8. 原文 17 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の試し
  2. 単体 C

    信仰の試し 単C
  3. Truth

    永遠なる自己
  4. 単体 T

    永遠なる自己 単T
  5. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  6. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  1. 2024.06.19

    知の原理