単体 C

神の道とは「紙一重」 単C

Report No.383

「主の祈り」は、天に父の御心成れるが如く、地にも成らせたまえと祈ります。

この祈り自体は「方便」であり、「実相」から見性すれば、未だ天に父の御心は成っているとは言えません。

イエスは単に天国と地獄を自我で切り、天国だけを見て天に父の御心は成っていると言っておりますので、自我で切って善ですから自我に比喩した善、すなわち方便です。

方便の善とは有限であり、人類全体に普遍妥当させていけば、必ずその有限性によって矛盾が生じてくるのです。

だから方便の善は、人類普遍の価値基準にはなり得ないのです。

方便の善は、もちろん否定すべき善ではありませんが、やはり方便の真理はその質によって乗り越えていかなければならない善なのです。

関連記事

  1. 人間の使命とは、天地創造にある 単C

  2. 救世の4原理 114 単C

  3. 文明は神の心によってのみ善となる 単C

  4. 3つの「存在の愛」 単C

  5. 救世の4原理 9 単C

  6. 回想 13 単C

  7. 救世の4原理 17 単C

  8. 神への信仰とは何か 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    救世の4原理 144
  2. 単体 C

    救世の4原理 144 単C
  3. Truth

    総括 30
  4. 単体 T

    総括 30 単T
  5. Creator's Report

    救世の4原理 143
  6. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命