単体 C

神への信仰と菩提心 単C

Report No.206

仏教では「悟り」を求める心、いわゆる菩提心を重視しています。

「悟り」とは、神の心を悟ることを言いますから、菩提心とは正当な神への信仰の姿と言えます。

菩提心とは、多次元世界への架け橋です。

菩提心なくして人の心はこの世にありながら、この世の次元を抜け、多次元世界に旅することはできません。

この世にありながら、自己の心を多次元世界に置くことを「悟り」と言います。

仏教ではこれを「彼岸に到る」と説いてきました。

自己が自己の潜在意識に到るということです。

あの世の彼岸とは、すなわち潜在意識です。

関連記事

  1. 神について Ⅱ 単C

  2. 道徳性と適法性 単C

  3. 神の帝王学 単C

  4. 宇宙とは「必然の存在」 単C

  5. 縦の中道と横の中道 単C

  6. 記録 単C

  7. 宗教の正邪を分ける公理 単C

  8. 救世の4原理 133 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. 真理関係

    次世代の真文明 9
  2. Creator's Report

    救世の4原理 139
  3. 単体 C

    救世の4原理 139 単C
  4. Truth

    総括 19
  5. 単体 T

    総括 19 単T
  6. Creator's Report

    救世の4原理 138
最近の記事 おすすめ記事