神理の基本 2 単T

明日の4日、アメリカ2月分雇用統計の発表がありますが、先行指標である2月の「ADP民間雇用者数」が公表されました。

予想は「18万8000人増」でしたが、結果は「21万4000人増」と予想を上回る良好な結果となりました。

1月の「20万5000人増」は、「19万3000人増」に下方修正されています。

1月の労働市場情勢指数(LMCI)は「0.4」と12月から急低下しています。

ISM製造業景況指数は、2月「49.5」と改善と悪化の分かれ目である「50」を5か月連続で下回っています。

ソース

12月の「48.0」をボトムに上昇傾向にあり、底入れ感はあります。

週に1回公表されるアトランタ連銀の経済予測モデルである「GDP Now」では、リアルタイムで米GDPを予測しているわけですが、第1四半期(1-3月期)のGDP成長率を2月26日の「2.1%」から3月1日「1.9%」へと下方修正しています。

GDP Now

FEDは3月に再び利上げの予定ですが、それを信じている者は、あまりいないようです。

景気が良いというほどではありませんが、リセッションというほど悪くもない。

ただ期待されたほど良くはないようです。

明日の雇用統計次第と言えそうです。

日銀の営業毎旬報告もでましたが、いよいよ日銀保有の長期国債が次回辺りから「300兆円」の大台を超えそうです。

営業毎旬報告(平成28年2月29日現在)

総資産は「403兆7909億円」であり、国債は「345兆3627億円」とあります。

総資産がGDPの80%を超えて増々増加していますが、正常な金融政策には、もう戻れそうにありません。

いくところまでいくのでしょう。

日銀保有分の国債の内訳は、下の方に記載されていますがこれです。

長期国債を日銀は「298兆7494億円」保有しており、次回辺りは「300兆円」を超えそうです。

長期金利もマイナスが定着してきているようです。

清原和博とかけて日本経済と解く。

その心は、どちらも「シャブ漬け」です。

有名人の薬物汚染と経済の薬物汚染がリンクしています。

どちらも神の心を追わず、「快楽」を追っている点、共通しています。

これを「バビロン・ザ・グレート」と呼び、「バビロンの大淫婦」と言ってきました。

神によって滅ぼされる世界、そう昔から予言されてきました。

倒れた、倒れた、大いなるバビロンは倒れた

関連記事

  1. 神の存在、その5つの定義 単T

  2. GLAと幸福の科学 37 単T

  3. 全体の悟り 17 単T

  4. 全体の悟り 10 単T

  5. 憑依の原理 1 単T

  6. 「本質」とは何か 単T

  7. 神と人類との永遠の一体性 単T

  8. 霊界の可視化による地上天国 5 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PICK UP

  1. 国際

    高インフレに怯えるFRB
  2. Creator's Report

    救世の4原理 54
  3. Truth

    メビウスの環
  4. Creator's Report

    救世の4原理 53
  5. Truth

    信仰の原点
  6. 国際

    忍び寄るスタグフレーション
  7. Creator's Report

    救世の4原理 52
  8. Truth

    仏の慈悲
  9. Creator's Report

    救世の4原理 51
  10. Truth

    良心の覚醒
  11. 国際

    バランスシート不況
  12. Creator's Report

    救世運動の失敗と混乱