神理の基本 3 単T

神理の見地から見た善悪は、今回徹底的に探究されていかなければなりませんが、現代はキリスト教的に言えば「バビロン・ザ・グレート」、すなわち「バビロンの大淫婦」の世界であり、仏教的には、いわゆる「末法の世」と言われる時代でしょう。

正像末(しょうぞうまつ)の三時思想から言えば、正法・像法・末法の最後、「末法の世」でしょう。

関連記事

  1. 仏陀の法の修正 7 単T

  2. 宗教の正邪を分ける7つの公理 3 単T

  3. 波長同通の法則の真意 単T

  4. 一念三千 単T

  5. ミクロの三段階 単T

  6. 生命の輪廻転生 単T

  7. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 8ー 単T

  8. アンタッチャブル 7 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. 国際

    危険そうなワクチン
  2. Creator's Report

    救世の4原理 44
  3. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 14
  4. Creator's Report

    救世の4原理 43
  5. Truth

    原文 40
  6. 国際

    ロシア独自の変異株 急拡大
  7. Creator's Report

    救世の4原理 42
  8. Special

    The law of horizon Ⅲ
  9. Creator's Report

    縦の中道と横の中道
  10. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 13
  11. 国際

    サイクル25
  12. Creator's Report

    愚かな生き神信仰