単体 T

神約民主論国家の実現 5 単T

「平等」というのは唯一のものであり、これが物質にすり替えられた「平等観」になっているために二大概念が「矛盾」しています。

「自由と平等」の二大概念が「矛盾」を来した原因こそが、この物質に巧妙にすり替えられた平等観です。

これが犯人なのです。

既存の民主主義における「平等観」とは、よく言えば物質に比喩した方便の平等観であり、悪く言えば、偽物の平等観です。

この物質に比喩した平等観から法の下における平等、死の下における平等、男女の平等、一人一票の選挙権といった方便の平等が出ています。

既存の民主主義における平等観は、物質に比喩した方便の平等観なのです。

関連記事

  1. 原文 9 単T

  2. GLAと幸福の科学 23 単T

  3. エリュシオン 6 単T

  4. 人類の救済と幸福は神の存在に依存している 単T

  5. 偶像崇拝 2 単T

  6. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -GLA編 2ー 単T

  7. エリュシオン 32 単T

  8. 造物主の法とは何か 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    救世の4原理 144
  2. 単体 C

    救世の4原理 144 単C
  3. Truth

    総括 30
  4. 単体 T

    総括 30 単T
  5. Creator's Report

    救世の4原理 143
  6. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命