単体 T

神約民主論国家の実現 6 単T

民主主義とは、人民共通の利益に基づいた国家契約であり、相対的な利益が「天」に置かれた偶像崇拝体制です。

神の心を「天」に置くことを神への信仰と言い、神の体(物質)を「天」に置くことを偶像崇拝と言います。

全ての多様な悪は、この偶像崇拝から生まれます。

神の体を「天」に置いているということは、人心を物質に誘導しているわけですから、人の心を狂わせる政治体制と言っていいでしょう。

宗教の世界でも、人心を神の体(物質)に誘導することを人の心を狂わせると言います。

関連記事

  1. 創造経済 1 単T

  2. エリュシオン 3 単T

  3. 救世は仕切り直し 単T

  4. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -釈迦編 1ー 単T

  5. 「知って犯す罪」と「知らずに犯す罪」 単T

  6. 原文 32 単T

  7. 戒律 4 単T

  8. 地球ユートピアとは、神人合一の文明 3 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T