米 4月の雇用統計

外交評論家の岡本行夫氏が、コビッド19に感染し、死亡しています。

外交評論家の岡本行夫氏が死去 新型コロナウイルスに感染 NHK

テレビはほとんど見ませんので詳しくは知りませんが、この方はよくテレビに出ていたような記憶があります。

著名人がよく新型コロナで死亡していますが、末端ではどれほどの広がりを見せているのか誰も分からない。

検査しないために分からないわけです。

東京都内の感染状況

このサイトの検査実施人数を見ましても、5月3日の検査人数が「399人」、4日の検査人数が「219人」、5日の検査人数が「109人」、6日の検査人数が「65人」です。

この数字を見て、「PCR検査が65人とは、ふざけた国だ」というわけです。

なぜ検査しないのか?

理由があるようです。

109人の検査で100人割れは当たり前

65人の検査で感染者が「38人」というのも、100名も検査していないわけですから初めから100名越えの数字などでるわけがない。

検査を増やさないのは、医療従事者側の論理であり、仮に検査を増やしますと感染者数が増加し、医療リソースが乏しいために医療崩壊を起こすからです。

医療崩壊を起こさないために検査数を抑制している。

そしてそのために検査してもらえず、死亡した事例もあり、怒っている人もいます。

「私達はコロナの犠牲者でない。どこかの偉い人たちが考えた基準によって父は犠牲になった」

泣きながらPCR検査を頼んだようですが、断られ、6日後に即入院し、それから3日後に死亡しています。

病院ですぐに検査をしていれば、助かっていた命かもしれません。

人命よりも医療体制を重視したわけですが、かつて福島でも同じことをしていました。

人命よりも、国家体制を優先した。

さすが731石井部隊の流れを汲む医学界です。

検査を抑制したり、減らそうとしたり、あるいは止めさせようとする人達がいるようであり、それを「単なる人殺し」と呼んでいる人もいました。

そういう上級国民さまを優先するような点が嫌われるわけです。

もう神道は、どの霊系統も相手にすることはないでしょうけどね。

神の神殿で勝手なことを勝手にしている。

自分のことを自分で何々の命だの何々の大神だの言っている連中ですからね。

アメリカ大統領ならば、トランプの命、トランプの大神などと居丈高に称しているわけです。

他の諸神霊は笑っていました。

一体、いつの時代に生きてんだ、と。

私もうけましたけどね。

神道は基本的にこれなのです。

豊田真由子元議員もこうだったでしょう。

私は「ネット上のお前ら」でうけました。

ほんと本性むき出しで。

右の「現実世界のお前ら」だけを見て、日本を盟主にしようなどと軽薄に選んだのが大川さんですが、いかに表面しか見ておらず、いかに軽薄で浅薄か。

人や書物に対してもどれほど浅くとらえているか。

かつてオスカー・ワイルドは、「浅薄さこそ至高の悪徳である」と言いました。

幸福の科学はその反作用を受けている。

周りの天使は、ほんといい迷惑です。

コビッド19の感染者が、ついに「400万人」を超えました。

ソース

4月2日に感染者数が、4か月かけて「100万人」を超え、それから13日後の4月15日に「200万人」を突破し、更に12日後の4月27日に「300万人」を突破しています。

ジョンズ・ホプキンス大学の集計では、それから12日後の5月9日に「400万人」を突破です。

4か月 → 13日後 → 12日後 → 12日後

世界的には感染ペースが、やや加速しているのです。

12日間で100万人の感染ペースならば、500万人を突破するのは「5月21日」という計算になる。

1日でほぼ10万人弱の感染ペースです。

世界の医療従事者も既に「9万人」が感染し、「260名」が死亡しています。

世界で9万人の医療従事者が新型コロナに感染 国際看護師協会 NHK

ホワイト・ハウスにもコビッド19の魔の手が迫っている。

ペンス副大統領の側近が感染しています。

米 ペンス副大統領の側近 新型コロナウイルス検査で陽性 NHK

アメリカのトランプ政権で、ペンス副大統領の側近が新型コロナウイルスの検査で、陽性と判定されました。

ホワイトハウスで、職員が陽性と判定されるのは2日連続となり、政権の中枢に感染が広がる懸念が強まっています。

イギリスのジョンソン首相ですら感染し、生命を失いかけたわけですから、もう少し用心すればいいのに、マスクもせず、トランプ大統領やペンス副大統領は、このコビッド19を少し舐めているように見えます。

ホワイト・ハウス職員の感染は、2日連続です。

アメリカでは、既に31州で経済活動が再開しておりますが、ワシントン大学によれば、経済の再開によって感染者と死者が増加し、特に中西部で感染が広がっていくと予測しておりましたが、その徴候が出ています。

ソース

経済活動を再開した31州のうち「11州」で感染者の増加ペースが上がっているようであり、感染拡大の兆候を見せています。

これで感染が拡大していくようならば、本当に詰んでいる。

経済活動が再開できなくなる。

何か恐ろしい徴候だなと思うわけですが、ブラジルはもっと酷く、パウロ・ゲジス経済相は、南米最大のブラジル経済は、1か月後に「崩壊」すると警告しています。

ブラジル4月の自動車生産、前月比99%減 新型コロナ影響で AFP

現在、ロシアとブラジルは、1日あたり1万人以上の感染者を出しており、ブラジルはほんの少し前まで1日の死者は200人~300人程度だったわけですが、今は1日の死者が「800名」を超えてきています。

ブラジルの自動車製造業者協会は8日、新型コロナウイルス流行の影響により、同国の4月の自動車生産が前月比約99%減の大幅な落ち込みになったと発表した。

ブラジルのパウロ・ゲジス経済相は7日、南米最大のブラジル経済が1か月後には「崩壊」し、食糧不足や「社会的混乱」も起きる恐れがあると指摘し、警鐘を鳴らした。

ブラジルは南米における新型コロナ流行の中心地となっており、感染者数は14万5000人以上、死者数は1万人近くに上っている。

今はブラジルの死者は「1万人」を超えています。

しかもブラジルは現在冬季に入っており、感染しやすくなっている。

1か月後と言えば、6月7日ですが、切羽詰まっています。

南米の中心が崩壊の危機です。

アフリカも今後地獄を見るようです。

WHO(世界保健機関)が、アフリカに警告です。

アフリカで最大19万人死亡も 新型コロナでWHO警告 時事

世界保健機関(WHO)は7日、アフリカで新型コロナウイルスの感染封じ込めに失敗した場合、1年間で最大4400万人が感染し、19万人の死者が出る恐れがあると警告した。

世界で400万人が感染しているわけですが、この「10倍以上」の最大「4400万人」が、この1年間で感染し、死者は最大「19万人」になる。

億に近づいているわけですが、何かスペイン風邪が脳裏を過ります。

WHOの声明によると、アフリカ47カ国の人口計10億人を対象にした予測では、2900万~4400万人が感染し、8万3000~19万人が死亡する可能性がある。

2900万人でも400万人の7倍です。

これが事実ならば、来年の東京オリンピックはないでしょうね。

UNECA(国連アフリカ経済委員会)は、WHOよりも更に致命的な予測をしていました。

国連「アフリカ、新型コロナウイルスで30万人死亡・2900万人が極度貧困の恐れ」 NEWSWEEK

UNECAは報告書で、アフリカ各国政府が打ち出す感染拡大抑制に向けた措置について4段階のシナリオを想定。

何も対策が講じられなかった場合、人口約13億人のアフリカ地域で、年内に12億人以上が感染、感染により330万人が死亡すると予想。

各国が厳しい感染拡大抑制策を実施する最善のシナリオの下でも、1億2280万人が感染、230万人が入院、30万人が死亡するとした。

4400万人どころではない。

厳しい感染拡大抑制政策をとってもアフリカ大陸13億人のうち「1億2280万人」が感染し、「30万人」が死亡すると予測している。

現在、アフリカ全体の感染者は6万人ほどであり、死者は2200名ほどです。

これが上記の数字に膨れ上がるという予測ですが、ならば今年中にどこかでオーバーシュートする。

この「どこか」とは、アフリカ疾病対策センターによれば、1か月~1か月半で感染のピークを迎えると見ているようです。

アフリカで数千万人感染の恐れ WHO「流行数年続く」 朝日

「流行は数年間続く」

アフリカ連合のアフリカ疾病対策センターなどによると、アフリカ54カ国のうち南部にあるレソトを除く53カ国で、7日時点で計5万2175人の感染が確認された。

死者は2024人に上っている。

今後4~6週間で多くの国で感染のピークを迎えるという。

1か月後にはブラジル経済が崩壊し、アフリカにある53の国で多くが感染のピークを迎える。

来年は世界大恐慌になっているかもしれない。

世界経済が頼れそうなのは、中国ぐらいでしょうか。

アメリカでは経済史上最大最悪の数字が出ています。

ソース

非農業部門雇用者数は「マイナス2050万人」、失業率は予想を下回り「14.7%」となっています。

1982年11月と12月につけた1948年の統計開始以来最悪である「10.8%」を超え、14.7%とまさしくアメリカ史上最悪の数字となっています。

ソース

リーマン・ショック後につけた最大失業率「10.0%」も上回っています。

まさに史上最悪です。

パートタイム就業者を含めた広義の失業率であるU-6は「22.8%」でした。

ソース

5人に1人が失業している。

クリントン以前の計算に基づいた失業率をジョン・ウィリアムズ氏が出しておりますが、それですと3月のアメリカの失業率は「35.7%」です。

ソース

目ん玉が飛び出ます。

非農業部門就業者数も一時解雇(レイオフ)、一時帰休がほとんどとは言え、「マイナス2050万人」というのは空前絶後です。


source: tradingeconomics.com


source: tradingeconomics.com

完全に底が抜けてます。

ソース

単位は「千」ですが、先月の数字が「マイナス70万1000人」から下方修正され「マイナス87万人」になっています。

マイナス2050万人」という数字は、第二次世界大戦が終わった1945年9月の「マイナス200万人」の10倍です。

しかも4月の失業率「14.7%」は、数字を低く見せるために官僚が鉛筆を舐めて数字を作ったと見られており、それを労働省も暗に認めています。

米失業率、4月の実態は20%近く 労働省「隠れ失業者が多数」 ロイター

労働省は8日、4月の失業率が戦後最悪となる14.7%に悪化したことについて、働いていなくても就業者と見なされる「隠れ失業者」が多数いたと認め、実際の失業率は20%近くに達した可能性があると明らかにした。

こうした人を加味した失業率は19.5%に達したとの見方を示した。

ハセット米大統領顧問は8日、5月の失業率が20%程度に悪化するほか、夏場には経済が底堅い動きに移行するとの見通しを示した。

実際の4月の失業率は「19.5%」だったようです。

失業率は今後も高止まりすると見られており、来月5月の失業率は20%前後になる。

そうですと来月5月の雇用統計は、4月よりも悪化しているかもしれません。

来年は本当に世界大恐慌パート2になっているかもしれない。

次回、5月の雇用統計は6月5日に公表予定です。

終わりが始まっているのかもしれません。

関連記事

  1. TPP死亡

  2. 連合王国最後の首相 !?

  3. イギリス解体?

  4. 北朝鮮 6回目の核実験強行

  5. 文在寅候補 優勢

  6. 不透明な東芝メモリの売却

  7. アベノミクスの失政隠し?

  8. 国連総長「世界GDPの1割の資金必要」回復に

コメント

  1. We are a group of volunteers and opening a brand new scheme in our community.
    Your website provided us with helpful information to work on. You’ve done an impressive process and
    our entire community shall be thankful to
    you.

  2. Excellent blog here! Also your web site loads up fast!
    What web host are you using? Can I get your affiliate link to your host?
    I wish my web site loaded up as fast as yours lol

  3. I must thank you for the efforts you have put in penning this website.
    I really hope to see the same high-grade content from you
    in the future as well. In truth, your creative writing abilities has encouraged
    me to get my very own site now 😉

  4. Excellent post but I was wanting to know if you could write a litte more on this topic?
    I’d be very thankful if you could elaborate a little bit further.
    Thank you!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    原文 25
  2. Truth

    GLAと幸福の科学 37
  3. Special

    Six amendments of Christ…
  4. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  5. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  6. 国際

    カルパチア号
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.08.5

    原文 25
  2. 2020.07.29

    生命と物質
  1. 2018.10.29

    大量逮捕?