単体 C

絶対性理論 6 単C

Report No.89

人類と世界は、永遠に「絶対的なる存在」に支配されています。

アインシュタイン博士の相対性理論では、神の体(物質)のみを扱い、物質はイコール時空であり、時間と空間は相対的であると主張されました。

これによって宇宙は相対的な存在となったのです。

ところが真理の世界では、神の心を扱いますので、神の心を相対的な存在とするわけにはいかないのです。

神を相対的な存在としますと宗教戦争はなくなりようがありません。

関連記事

  1. 救世の4原理 23 単C

  2. 神の心への理解から信仰へ 単C

  3. 神の栄光 単C

  4. 絶対性理論 12 単C

  5. 「水平線の法」とは「即の中道」 単C

  6. あの世の構造 単C

  7. 道徳性と適法性 単C

  8. 救世の4原理 72 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    救世の4原理 144
  2. 単体 C

    救世の4原理 144 単C
  3. Truth

    総括 30
  4. 単体 T

    総括 30 単T
  5. Creator's Report

    救世の4原理 143
  6. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命