続「ひつじの三月三日、五月五日」

やはり予測通りとは言え、「ひつじの三月三日、五月五日」の予言は見事に外れました。

旧暦と言うのはごまかしでしょうから、もう立て替えはできなくなっているとみて正解です。

予想はしておりましたけれども、やはりできなかった。

今後もできないでしょう。

次の「ひつじ年」は2027年ですけれども、この年から立て替えができるのかと言えば、実はもうできない。

立て替えを実行した時点で、日本は真の意味で国が終わってしまうゆえにできない。

福島の核事故で十分終了しているという、もっぱらの噂ですが、今回の神理についている人は日本で大体3万人から10万人ほどだそうです。

その方々に当サイトの神理が知られないように必死に隠しているのが神道です。

ほんと陰湿な集団です。

海外の方が圧倒的に多い。

結局、福島の件と同一で破滅的なパニックよりも緩慢な死を取ったのと同じく緩やかな終わりを取ったということです。

神道らしいと言えば神道らしい。

火山の噴火も次第におとなしくなっていくでしょう。

無理に噴火をしても、よくできて中噴火まででしょう。

では立て替えがなくなったのかと言えば、そうではなく、立て替えの「」が再確認されたと見ています。

やはり立て替えと最後の審判は、今回「ゼウス神」が実行していくということです。

ゼウスの神は西洋では「裁きの神」の側面ももっております。

日本ほどの狂的な立て替えではないでしょうけれども、ヨーロッパが立て替えの「主」と「先駆け」になるのでしょう。

1991年以後はこの星で一番高い神理を説けるのは私であり、その私の指導霊は「ゼウス神」ですからそうなります。

本来はお釈迦様が中心だったわけですから、立て替えも彼を中心に行われる予定だったはずですが、神理にかなりの問題が生じており、難しい側面があります。

悟りによって反省と修正を自力で行わない限り、教団ごとなくなる可能性が高いのです。

霊天上界におられるお釈迦様が計画されていた法は、私が説いておきますけれども、果たして彼が自分の計画と法を思い出すかどうかは非常に流動的です。

はっきり言って彼次第であり、分からないということです。

誰も身代わりで悟ってあげることはできません。

彼は自分で何とか悟るしかない。

ただ受けた啓示と法だけは残しておく。

霊天上界のお釈迦様が私に送ってきたということは、それを意図していると思っておりますし、またコンタクトできていないとしか考えようがない。

だとすればかなりやばい状況と言えます。

霊道を開いていながら潜在意識との接触が切られた状態では、魔に魅入られる可能性が高いのです。

高橋信次氏のお弟子さんも、ほとんどこれでやられました。

褒め殺しはルシフェルの特徴であり、褒められるとうれしい、その「快楽」に徹底的に突いてきます。

決して本人に不快なことは言いません。

うちのハデスもこれにやられました。

自分に甘い者は、十中八九その快楽の「虜(とりこ)」となります。

褒められれば褒められるほど快楽が強化されうぬぼれていきます。

うぬぼれればうぬぼれるほど自我が絶対化され、物質に支配されていきます。

物質に支配されていけば、物質の属性を生命に刻み込み、物主神従となって悪因を作りやすくなります。

悪因を作らせれば、悪果の不昧因果に引きずりこんで地獄界に叩き落とすことができる。

だから褒めちぎっている。

不快を悪だと誤信している者は、大抵やられます。

不快が悪ではなく、快楽が悪の原因です。

潜在意識とのアクセスを失い、パニャパラミタを喪失した場合、神の法は説けない。

神の法とは潜在意識から引っ張ってくるものであり、書物を読んで説くものではありません。

神理とは地球上のどの図書館にもない思想と価値を、しかも神に最も卑近した内容で説いたものを言います。

当サイトでは「神約民主論」、「全人類救済法則」、「水平線の法」、「天地一体の悟り」、「宇宙即我」、「自を生かし、他を生かし、全てを生かせ」等々がこれに妥当しますが、これらは全て潜在意識、生命の引き出しから無限に引いてきたものです。

地球上の図書館にあるどの書物にも説かれておりません。

神の法とは原則、誰かの書物を読んで説くものではない。

わが心を悟り、その心から引き出してくるものを神理と言います。

日月神示は立て替えができなくなったわけですから「怪文書」扱いが妥当だと思われます。

この霊系統の罪は、非常に重い。

考えうる限りの全ての「覇道」を使いました。

釈迦の罪がかわいく見える。

この霊系統は恐らく今回の犯罪行為でなくなっていくのではないでしょうか。

神がこれほどの犯罪を看過するとは思えない。

神道の大嫌いな中国の繁栄と福島の核事故を見れば、神々の意向が奈辺にあるのか大体分かります。

私がやるわけではありませんけれども「触らぬ神に祟りなし」でしょう。

何度も言いますけれども民主主義国家における二大概念、「自由と平等」を「神の存在」によって進化させた「神約民主論」を実現した国家が、今後「千年の盟主」であり、地球を仏国土・ユートピアとし、この星を神の嘉(よみ)する空前の繁栄に導く文明となります。

132か国の全民主主義国家を進化させ、自由と平等をもとに戻し、考えられる限りの神の法を編纂していくことが釈迦と私に課せられている使命です。

特に「神約民主論」に関してはヨーロッパでは既に決定している事項であり、そのための人材も2000年以後出ております。

お釈迦様の件は気になるけれども、私には私の理想があり、そのために生まれてくれた方々もおりますので、私の勝手はできないのです。

だから私については既にヨーロッパで決定しておりますので神道は汚い覇道ばかり使わないで、神の法に関しては残しておきますので後は自分で悟りなさいということです。

今回の「救世の法」は「三千世界の根源的改造」とお釈迦様の「神仏の法治主義」の二つが柱です。

この世に再誕しておられるお釈迦様が、万が一にも自分が計画していた「神仏の法治主義」、神の法ーその全貌と極致を悟りえなかった場合、私が説いておかなければならなくなる。

ある意味、それは最悪の事態と言えます。

釈迦がどれほど巨大な法を計画して出てきているか分からぬまま今回の「救世の法」を終わらせるわけにはいきません。

釈迦が悟らず、説かないならば私が説いておきます。

関連記事

  1. 今年を予言する人

  2. 信仰なき者は傲慢となる

  3. ポポカテペトル山の火の神・覚醒か?

  4. ホピの予言

  5. アポカリプティック・サウンド

  6. スペインのフレスコ画

  7. 推背図(すいはいず)

  8. スーパー・ブルー・ブラッドムーンの映像

コメント

    • g
    • 2019年 5月 11日

    Thanks for a marvelous posting! I actually enjoyed reading it,
    you are a great author.I will make sure to bookmark your blog and may come back later on. I want to encourage
    continue your great job, have a nice holiday weekend!

    • g
    • 2019年 5月 12日

    It’s awesome to visit this web page and reading
    the views of all mates concerning this article, while
    I am also zealous of getting knowledge.

    • g
    • 2019年 5月 13日

    I’m not sure exactly why but this website is loading very slow for me.
    Is anyone else having this problem or is it a problem on my
    end? I’ll check back later and see if the problem still exists.

  1. Thanks for sharing such a good thought, piece of writing is fastidious, thats why i have read it completely

  2. Fantastic post however I was wanting to know if you could write a litte
    more on this topic? I’d be very grateful if you could elaborate a little bit further.

    Cheers!

  3. You’ve made some decent points there. I checked on the net for additional information about
    the issue and found most people will go along with your views
    on this website.

  4. Thanks for another fantastic article. Where else may just anyone get that
    kind of info in such an ideal manner of writing?
    I’ve a presentation subsequent week, and I am at the search for
    such information.

  5. Hello there! Do you use Twitter? I’d like to follow you if that would be
    okay. I’m undoubtedly enjoying your blog and look forward to new posts.

  6. Good day! Would you mind if I share your blog with my twitter group? There’s a lot of people that I think would really enjoy your content. Please let me know. Thanks

  7. I just couldn’t go away your website before suggesting that I extremely loved the usual info a person supply in your visitors? Is going to be again ceaselessly to investigate cross-check new posts

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    原文 25
  2. Truth

    GLAと幸福の科学 37
  3. Special

    Six amendments of Christ…
  4. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  5. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  6. 国際

    カルパチア号
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.08.5

    原文 25
  2. 2020.07.29

    生命と物質