単体 T

総括 13 単T

イエス・キリストを中心に霊天上界が一致団結していた今回の日本における大救世運動は、大川隆法氏の死亡をもって終了してしまいました。

まさに想定外のことが起こったのであり、思わぬ形で終わってしまいました。

ボスがやられれば、あとはドミノ倒しです。

1980年代の諸神霊の霊言も風前の灯火であり、「救世の法」が崩壊してしまったわけですから、恐らくなくなっていくでしょう。

仏教系は釈尊の本体を中核に2600年間にも渡って輩出してきた高僧の主力を伴っての再誕でしたが、残念な結果に終わってしまいました。

大川さんは、「救世の法の完成と成就」、「宗教改革」、そして「新文明建設の理念の提示」とこの3つの使命をどれも果たさずにこの世を去ってしまいました。

一体どうしてこうなったのか?

関連記事

  1. 全体の悟り 3 単T

  2. エリュシオン 39 単T

  3. 親孝行 単T

  4. 信仰の義務と自由の同一性と相違 3 単T

  5. 人間・神の子、善、無限 単T

  6. 自力と他力 1 単T

  7. 総括 6 単T

  8. 創造経済 3 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T