単体 T

総括 7 単T

道徳性と適法性とは、本物の善と偽物の善の関係のことですが、カント哲学では明確に区別されています。

明確に区別するというのは、未だ方便であり、神我と自我を明確に区別するのと同じです。

方便の善とは「目的」にもならず、「否定」もまたできない善ですので、神我と自我の区別を明確に「目的」にすることはできませんが、明確に「否定」することもまたできません。

例えばキリスト教では「あなたがたは、神と富とに兼ね仕えることはできない : マタイ6-24」と説かれています。

神と富を自我で切って、富よりも神の心を選べという教えですが、神と富を自我で切っておりますので自我に比喩した善、すなわちこれは方便です。

方便とは「目的」にもならず、また「否定」もできない善です。

真理と現象利益を切って、現象利益を捨てて真理を取れと言っているのです。

2000年前の当時はそういった認識であったということです。

関連記事

  1. 信仰の本質は、神の善悪にあり 単T

  2. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 14 単T

  3. 憑依の原理 6 単T

  4. 原文 45 単T

  5. エリュシオン 21 単T

  6. 家庭ユートピア 単T

  7. 積極的平和 単T

  8. 「預言者」と「予言者」 2 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  2. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
  3. Truth

    知の原理
  4. 単体 T

    知の原理 単T
  5. 国際

    思い出した予言
  6. Creator's Report

    光の盾
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾