罪の文明 単C

Report No.263

神の心の中に罪はありませんので「本来、罪なし」ですが、神は法そのもの、存在そのものですから罪があろうはずがありません。

神ご自身に罪がないのであるならば、その子である人間は罪の子ではなく、永遠に神の子です。

子供ですから色々といたずらをするわけです。

そこには許容できるいたずらと許容範囲を超えたいたずらがあるわけです。

その許容範囲を超えたいたずらを「罪」と言い、「悪」と人間は呼んでいます。

関連記事

  1. 救世の4原理 2 単C

  2. 無我の理法 単C

  3. 救世の4原理 69 単C

  4. 回想 10 単C

  5. 神への信仰とは何か 単C

  6. 神の繁栄法則 1 単C

  7. 自然法爾(ほうに) 単C

  8. 絶対性理論 17 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    回想 14
  2. 単体 C

    回想 14 単C
  3. Truth

    エリュシオン 44
  4. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  5. Truth

    エリュシオン 43
  6. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  7. Creator's Report

    回想 13
  8. 単体 C

    回想 13 単C
  9. Truth

    エリュシオン 42
  10. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  11. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  12. Creator's Report

    回想 12