単体 T

自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 11 単T

人間は完全の種子を宿した霊である : シルバーバーチ

種子の段階では小鳥についばまれて実ることはないわけですが、その種から芽が出て茎が伸び、将来的には大木となって大きな枝を張り、その枝には小鳥がとまり、体を休めたり、人間が雨宿りをすることもできるほど成長していく。

人生とは完全な種子が、神の心によって開花していく過程のことを言います。

関連記事

  1. 次世代の文明の特徴 単T

  2. 仏の慈悲 単T

  3. 偶像崇拝とは何か 2 単T

  4. 高橋信次の神理 捕捉 1 単T

  5. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 11ー 単T

  6. 宗教の正邪を分ける7つの公理 8 単T

  7. 「神の聖なる支配」について少々 単T

  8. 神約民主論国家の実現 25 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    自己遍在とは
  2. 単体 C

    自己遍在とは 単C
  3. Truth

    総括 8
  4. 単体 T

    総括 8 単T

最近の記事

  1. 総括 8

    2024.02.24

  2. 総括 8 単T

    2024.02.24