単体 T

自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 16 単T

悟りの低下は、人格性の低下や幼児化としてあらわれ、悟りの進化は、人格性の向上としてあらわれます。

悟りとは神の心を悟ることですから、神の心によって人間の成熟と未熟が決まっています。

この人格性の成熟と未熟の度合いが多次元世界としてあらわれ、この成熟の度合いがあの世では霊格としてあらわれている。

関連記事

  1. 宗教的「合」の時代 単T

  2. 偶像崇拝 2 単T

  3. 全体の悟り 11 単T

  4. 全体の悟り 4 単T

  5. 戒律 10 単T

  6. GLAと幸福の科学 31 単T

  7. 原文 30 単T

  8. GLAと幸福の科学 32 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T