自力と他力の考察 単C

Report No.259

生命の実相とは、人間精神の根源的本質である「神の心」そのものを指すわけですが、これは従来「神我」、あるいは「真我」とも言いますが、「真如」や「絶対精神」とも説かれてきました。

要は神の心とは、人間の心と離れて存在しているわけではなく、人間の心の中心に永遠に存在しています。

人の「心」の中に永遠に存在しているとは、人間の心も永遠であるということであり、神の心と人の心は永遠に切ることができないということです。

関連記事

  1. 救世の4原理 90 単C

  2. 救世の4原理 74 単C

  3. 救世の4原理 36 単C

  4. 高橋信次の神理 4 単C

  5. 罪の文明 単C

  6. 救世の4原理 86 単C

  7. 回想 6 単C

  8. 神の秩序の顕現が地上天国の顕現 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    エリュシオン 44
  2. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  3. Truth

    エリュシオン 43
  4. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  5. Creator's Report

    回想 13
  6. 単体 C

    回想 13 単C
  7. Truth

    エリュシオン 42
  8. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  9. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  10. Creator's Report

    回想 12
  11. 単体 C

    回想 12 単C
  12. Truth

    エリュシオン 41