単体 C

自力と他力の考察 単C

Report No.259

生命の実相とは、人間精神の根源的本質である「神の心」そのものを指すわけですが、これは従来「神我」、あるいは「真我」とも言いますが、「真如」や「絶対精神」とも説かれてきました。

要は神の心とは、人間の心と離れて存在しているわけではなく、人間の心の中心に永遠に存在しています。

人の「心」の中に永遠に存在しているとは、人間の心も永遠であるということであり、神の心と人の心は永遠に切ることができないということです。

関連記事

  1. 大宇宙の神秘と叡智 単C

  2. 高橋信次の神理 2 単C

  3. 多次元世界とは人類の未来である 単C

  4. 救世の4原理 129 単C

  5. 「悟り」とは進化の道 単C

  6. 神の世界計画 2 単C

  7. 救世の4原理 17 単C

  8. 神の存在とあの世の存在 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    自己遍在とは
  2. 単体 C

    自己遍在とは 単C
  3. Truth

    総括 8
  4. 単体 T

    総括 8 単T

最近の記事

  1. 総括 8

    2024.02.24

  2. 総括 8 単T

    2024.02.24