単体 T

適法性のプロとコントラ 単T

神の心を直接説くものが実相論であり、神の体に比喩して説くものが方便論です。

宇宙は神の表現体であり、神の心即神の体ですから無限の真理は、常に実相即方便の観点から説かれます。

宇宙を説くものを真理を説くというのです。

宇宙が真理だからです。

実相論と方便論は一見すれば、そこに矛盾があるわけですが、それは神の心と神の体の矛盾であり、実際矛盾しているわけではなく、精神即物質で一つであり、永遠に神の心によって統一されています。

関連記事

  1. 一念三千 単T

  2. エリュシオン 43 単T

  3. 宇宙即我の悟りに地獄なし 単T

  4. 信仰の義務と自由の同一性と相違 3 単T

  5. 宗教の正邪を分ける7つの公理 7 単T

  6. 世界の輪廻転生 単T

  7. 仏陀の法 探求の命題 1 単T

  8. エリュシオン 8 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イラン VS イスラエル
  2. Creator's Report

    宇宙即我の歴史
  3. 単体 C

    宇宙即我の歴史 単C
  4. Truth

    戒律 13
  5. 単体 T

    戒律 13 単T
  6. Creator's Report

    永遠の復活
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T