単体 C

釈尊の真意 Ⅱ 単C

Report No.166

仏教の本質とは「悟りと反省」です。

少なくとも2600年前の釈尊は、悟りよりも反省に力点が置かれていたようです。

愛と慈悲も同じく神の人類への愛情ではあるが、あえて相違を上げれば、愛は横の光であり、慈悲は縦の光である : 高橋信次

愛とは平等の愛であり、人間は全く同じ神の心を宿しているのであるから兄弟姉妹よ、互いに愛し合え、互いに足を洗い合え、人に真心をもち、親切を施し、互いに仲良く生きよという横の愛情であり、キリスト教が説いてきた神の人類への愛情です。

関連記事

  1. 釈尊の真意 単C

  2. 救世の4原理 110 単C

  3. 救世の4原理 7 単C

  4. 絶対性理論 1 単C

  5. 人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 2 単C

  6. 絶対性理論 15 単C

  7. フォーカス 単C

  8. 救世の4原理 44 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    救世の4原理 144
  2. 単体 C

    救世の4原理 144 単C
  3. Truth

    総括 30
  4. 単体 T

    総括 30 単T
  5. Creator's Report

    救世の4原理 143
  6. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命