釈尊の真意 Ⅱ 単C

Report No.166

仏教の本質とは「悟りと反省」です。

少なくとも2600年前の釈尊は、悟りよりも反省に力点が置かれていたようです。

愛と慈悲も同じく神の人類への愛情ではあるが、あえて相違を上げれば、愛は横の光であり、慈悲は縦の光である : 高橋信次

愛とは平等の愛であり、人間は全く同じ神の心を宿しているのであるから兄弟姉妹よ、互いに愛し合え、互いに足を洗い合え、人に真心をもち、親切を施し、互いに仲良く生きよという横の愛情であり、キリスト教が説いてきた神の人類への愛情です。

関連記事

  1. 政治 単C

  2. 救世の4原理 33 単C

  3. 救世の4原理 64 単C

  4. 神の心とは、人類の本音である 単C

  5. 地球ユートピア実現の真理 単C

  6. 神の繁栄法則 1 単C

  7. 「心の王国」と「心の尊厳」 単C

  8. 神の繁栄 ー 無我の現象利益 ー 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    「転落」と「退転」とは
  2. 単体 T

    「転落」と「退転」とは 単T
  3. Creator's Report

    救世の4原理 123
  4. 単体 C

    救世の4原理 123 単C
  5. Truth

    如来の法
  6. 単体 T

    如来の法 単T
  7. 経済

    暗雲
  8. Creator's Report

    回想 29
  9. 単体 C

    回想 29 単C
  10. Truth

    神の統一力
  11. 単体 T

    神の統一力 単T
  12. Creator's Report

    回想 28