2100年に世界人口は110億人へ

6月18日、アメリカ・ヴァージニア州上空にあらわれたケルビン・ヘルムホルツ不安定性の雲です。

ソース

ケルビン・ヘルムホルツ不安定性の雲は、地震との関係がよく取りざたされますが、まことに不思議な雲です。

地震と言えば、6月14日から毎日マグニチュード6クラスの地震が起こっています。

6月14日 チリ M 6.4 – 72km W of Coquimbo, Chile USGS

現地時間6月15日には、ニュージーランドでマグニチュード7.2の大地震が起こっています。

M 7.2 – 103km NE of L’Esperance Rock, New Zealand USGS

同日、トンガでマグニチュード6.1の地震です。

M 6.1 – 97km ENE of `Ohonua, Tonga USGS

6月16日、ニュージーランド M 6.3 – 93km ENE of L’Esperance Rock, New Zealand USGS

6月17日 M 6.0 – 135km ENE of L’Esperance Rock, New Zealand USGS

6月18日 M 6.4 – 31km WSW of Tsuruoka, Japan USGS

6月19日 M 6.3 – 245km W of Abepura, Indonesia USGS

6月19日 M 6.4 – 140km NE of L’Esperance Rock, New Zealand USGS

本日は、マグニチュード6クラスの地震は起こっていませんが、ほぼ一週間に渡り、連続してマグニチュード6クラスが頻発しています。

すべてリング・オブ・ファイアです。

特に日本で18日に起こったマグニチュード6.8の地震ですが、USGSではマグニチュード6.4となっています。

ソース

この地震は「日本海東縁変動帯」で起こった地震であり、大きな地震が集中して起こる場所です。

死者は出なかった模様ですが、重軽傷者は出ました。

震度6強というのは相当な揺れですが、屋根瓦が崩れ落ちています。

大きさの割には被害は軽微と言っていいのではないかと思う。

イギリスの保守党党首選ですが、3回目の投票が終わり、4名に絞られています。

2回目の投票結果はこれです。

ソース

2回目の投票では、ラーブ前EU離脱担当相が落選しています。

ボリス・ジョンソン氏 114票 → 126票

ジェレミー・ハント外相 47票 → 46票

マイケル・ゴーヴ環境相 37票 → 41票

サジド・ジャヴィド内相 23票 → 33票

ローリー・スチュワート国際開発相 19票 → 37票

そして3回目の投票では、2回目の投票で大きく票を伸ばしたスチュワート氏が落選しています。

英保守党党首選、第3回目もジョンソン氏首位-リードさらに拡大 ブルームバーグ

ボリス・ジョンソン氏 126票 → 143票

ジェレミー・ハント外相 46票 → 54票

マイケル・ゴーヴ環境相 41票 → 51票

サジド・ジャヴィド内相 33票 → 38票

ジョンソン氏は、313名の下院議員の過半数(157票)を占めるような勢いです。

この4名のうち2名が決戦投票に進むわけですが、この2名は明日中に決まります。

6月20日は、2回投票が行われるからです。

残った4名のうち強硬離脱派はボリス・ジョンソン氏だけであり、後の3名はみな合意なき離脱を嫌う穏健離脱派です。

従って穏健離脱派が党首に選ばれた場合、またメイ首相のように延期に次ぐ延期を繰り返しそうです。

ジョンソン氏だけが、合意なき離脱を支持しており、この人ならば10月31日にきっちりとEUを離脱してくれそうです。

ちなみに今回の党首選では、立候補者10名のうち7名が薬物疑惑を報じられていました。

残った4名を見ますと、サジド・ジャヴィド内相以外の3名は、すべてジャンキー薬物使用者です。

ボリス・ジョンソン氏もお薬好きの方だったようです。

勢いからすれば、ボリス・ジョンソン氏に決まりそうですが、7月22日の週に行われる決戦投票は、下院議員ではなく、16万人の保守党党員の投票によって決まりますので、最後まで分かりません。

ただボリス・ジョンソン氏は、何かトランプ大統領と雰囲気が似ている人であり、相性は良さそうです。

ボリス・ジョンソン氏は、トランプ大統領を嫌っているという話は聞きますが、地球温暖化懐疑論者という点では共通しており、しかしてジョンソン氏は表面上はパリ協定を支持するとも表明しているため、この人が首相になってもパリ協定の離脱まではしないのではないか。

イギリスにもヒタヒタと異常気象が迫っていますからね。

恐らくボリス・ジョンソン氏が次期党首となり、首相となって、イギリスを破壊に導きそうです。

何かを破壊しそうな点はトランプ大統領と似ています。

この二人、何か同じ匂いがするのです。

イギリスの首相の任期は5年ですから、今回選ばれた首相は、2024年まで務めます。

ひと月後の党首選が楽しみです。

国連が最新の世界人口の見通しを公表しました。

世界人口、2050年には97億人に 国連予測 AFP

国連(UN)の経済社会局(DESA)は17日、現在77億人の世界人口が、2050年には97億人に達するとの見通しを明らかにした。

国連の報告書「世界人口予測」最新版によると、世界人口はさらに2100年までに110億人に達するという。

正確には「108億7490万2000人」です。

WPP2019_POP_F01_1_TOTAL_POPULATION_BOTH_SEXES ソース

下にある左から二つ目のタブです。

これですと日本は2058年に人口が1億人を切ります。

中国は2027年にインドに人口が抜かれます。

中国1位は終焉へ、インドが27年ごろ人口世界一に-大変化到来 ブルームバーグ

インドは2027年前後に中国を抜き、人口世界一となる見通し。

中国の人口は2100年までに3億7500万人減ると予想され、今は世界人口の5人に1人が中国人だが、2100年までにはその割合が10人に1人未満になる。

世界の人口は2050年に97億人に達し、2100年ごろに110億人近くでピークとなる見通し。

ちなみに現時点の世界人口は、大体「77億人」です。

世界人口

シンクタンク・ブレイクスルーが文明の終焉を予測した2050年までに「20億人」も人口が増え、「97億人」に達します。

26%」の増加です。

2100年ごろには世界人口は「110億人」になっている。

加速していますから何とも言えませんが、現在の年間CO2増加濃度「2.2ppm」で計算しますと2050年ごろの二酸化炭素濃度は「476.2ppm」となっており、450ppmはとっくに超えている。

450ppmを超えれば、極端な気候と壊滅的は気象現象が荒れ狂い、それは後戻りできない不可逆的な現象になっていると警告されているわけですから、2050年の100億人はその気候のカオスの中で翻弄される。

気候や環境がカオスとなっている頃の世界人口は100億人ということです。

人類が地球の環境を破壊してきたその作用に対する反作用を受けることになる。

人類が自然を破壊すれば、人類自身が破壊されて、自然は元の姿を取り戻すことになる。

元々、人間には自然を破壊する能力など初めからなかった。

それにも拘わらず傲慢にも破壊してきたがゆえに当の人間自身が破壊される。

人類が自然界から報復を受ける原因は傲慢です。

宗教団体でもよくあります。

傲慢によって魂を亡ぼす教祖が。

自然と人類は一つであり、一つであるゆえに自然を破壊すれば人類も破壊される。

それを今後、世界と人類は経験していくことになるのでしょう。

関連記事

  1. フォーチュン・グローバル500 2019年版

  2. 熱波に覆われる世界

  3. トランプ大統領 健康不安説

  4. 集団免疫の獲得は不可能

  5. 世界終末時計 史上最短

  6. 暗雲に包まれる世界経済

  7. 共時性

  8. 6月にトランプ大統領 在韓アメリカ人の避難を要求 ?

コメント

  1. Great weblog here! Additionally your web site quite a bit up fast! What web host are you using? Can I get your affiliate hyperlink to your host? I desire my site loaded up as fast as yours lol

  2. Its like you read my mind! You appear to know so much approximately this,
    like you wrote the e book in it or something. I think that you simply
    can do with a few percent to drive the message house a bit,
    however other than that, this is fantastic blog. An excellent read.
    I will certainly be back.

  3. Greetings! I know this is kinda off topic but I was
    wondering which blog platform are you using for this
    site? I’m getting fed up of WordPress because I’ve had problems with hackers and I’m looking at alternatives
    for another platform. I would be great if you
    could point me in the direction of a good platform.

  4. Thank you, I have just been looking for information approximately
    this subject for ages and yours is the best I have
    found out so far. However, what concerning the bottom line?
    Are you positive about the source?

  5. Hi , I do believe this is an excellent blog. I stumbled upon it on Yahoo , i will come back once again. Money and freedom is the best way to change, may you be rich and help other people.

  6. Some genuinely rattling work on behalf of the owner of this site, absolutely great subject matter.

  7. Greetings! I’ve been reading your website for a while
    now and finally got the bravery to go ahead and give you
    a shout out from New Caney Tx! Just wanted to say keep up the good job!

  8. Actually when someone doesn’t know afterward its up to
    other visitors that they will help, so here it happens.

  9. Hello there! This post could not be written much better!
    Looking through this post reminds me of my previous roommate!
    He continually kept talking about this. I am going to forward this post to him.
    Fairly certain he will have a good read. Many thanks for
    sharing!

  10. Hello.This post was really interesting, especially because I was searching for thoughts on this issue last Tuesday.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    原文 25
  2. Truth

    GLAと幸福の科学 37
  3. Special

    Six amendments of Christ…
  4. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  5. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  6. 国際

    カルパチア号
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.08.5

    原文 25
  2. 2020.07.29

    生命と物質
  1. 2016.09.29

    カオス?