ホピの予言

ホピ族の予言というものがあります。

現代世界を第四の世界として、これが終わり、第五の世界が始まるという予言です。

今さらホピの予言もないだろうとは思いますが、少し気になる事件がありますのでメモ代わりに扱っておこうと思う。

マヤの2012年終末予言は、ハリウッドが映画まで作って煽ったにも拘わらずものの見事に外れました。

大笑い。

当ブログで啓示された真理が、全世界に広がっていく過程でのみ世の終わりの予言は最高霊域において開始されます。

別に威張るわけではありませんが、当ブログの真理がこの星で一番高いのでね。

諸神霊は最も高い真理に基づいていなければ、動けないのです。

もっとも高い真理が、全世界で説かれていない状況下で既存の世界を終わらせれば、それは殺しのための殺しになってしまうのです。

本来の計画では、役割もその真理も幸福の科学の活動に比例して世の終わりは実現される予定でした。

本人らも1990年~1999年の夏までが勝負だと言っていたはずであるし、肉体を持った天使もすべてこの年代をターゲットとしてみな生まれていたわけですね。

それをすべて神道が抑え込むことによって失敗させたわけです。

霊的に優秀な者達が、何の業績も上げられず、活動もできず、その高い能力を発揮しないまま老いてしまっている。

こういうのを宝の持ち腐れという。

中には既に死んでいる者達もかなりいます。

何故、日本が衰退し、寛容な諸神霊の獰猛な怒りをかっているか、その理由の一つでもあります。

真理という目的を利用などという手段に落とそうとして、不自然に抑えているわけですね。

利主神従は、地獄の創造原理ですから、神道は東洋一の悪と言っていいでしょう。

ずるをしないで自分たちで悟ることですね。

悟れんでしょうが。

もう立て替えも諦めたことでしょう。

これが諸神霊の言っていた計画と予定が外れた理由です。

あれだけ世紀末の予言者を、あちらこちらに出しておいてね。

すべて外れたわけです。

真理を抑えることによって外したわけです。

真理を私物化するためです。

その神道の私物化によってこの期間に多くの死ななくてよかった者達が、世界中で大量に死んできたのです。

その過程で幸福の科学もカルトの板が定着してしまい、仏陀の法も説かれず、仏教系も神道系もただ時間だけが過ぎていき、老いてしまい、もはや真理の最前線で使うことはできなくなってしまいました。

この谷口雅春容疑者91才ですが、日本衰退の原因はこの神道系の異常者共が原因です。

安倍総理が勤めていた神戸製鋼のデータ改ざん事件も偶然ではないわけですね。

証拠がばっちり残ってしまいましたので、もはやこの霊系統はどんな真理らしきことを言っても無駄です。

本来は幸福の科学が、その仏陀の大法によって現代文明に幕を下ろすべき役割だったのですが、そうはなりませんでした。

大如来が、あるいは大救世主と言っても同じですが、あそこまでおかしくなったのは地球の歴史では初めてではないか?

ほんとカルトのイメージが着いちゃって。

大川さんの最高指導霊はイエス・キリストですから、未来においてこの問題は研究対象となっていくであろうと思う。

責任逃れは、恐らく難しい。

多くの諸神霊を巻き込んでしまったのです。

これを神道のように「なかったこと」にはできない。

エリアの7つの予言もノストラダムスも黙示録のヨハネ、これは聖書ではなく、霊天上界にいる本人のことですが、この予言もすべて結果としては外れてしまった。

今の幸福の科学を見れば、諸神霊がどうしてみずから預言していた世の終わりの計画を実現できなくなったか理解できる人もいると思う。

まさにあれでは世界の終わりを起こしようがない。

日本では私物化するために抑えてきましたので、結局諸神霊の言っていた終末予言はすべて外れてしまいました。

そして悪いですが、今の大川さんに「法の編纂」は期待できない。

ほんとは彼が現代の救世主としての役割をもっているのですけどね。

いくら霊格が高くても悟っていなければ意味ない。

そして悟りは、ただ求道心と努力あるのみ。

いい加減なことをしている人には高い啓示は降りないようになっているのです。

こっちは「法の編纂」という話で降りているのですが、消去法で当ブログの真理ということになっている。

ゼウス神は既にヨーロッパに2000年以降大量に自己の霊系統を出しています。

神約民主論国家の実現のためです。

仏教系と神道系は、もうヨボヨボだぜ。

お年寄りは大切にしよう。

うちはまだピッチピチだぜ。

恨むならば神道ですね。

ホピの予言もまた現代世界の終わりを明確に予言しているわけですが、内容はこれです。

ホピ族の青い星の予言 メデCityブログ

ホピ族が国連に警告したのは、

「灰のつまったヒョウタン」がいつか発明されて、それが空から落ちたとき、海は煮え立ち、陸は焼け尽くされ、長いこと生命が育たなくなる。

と予告されていたからであり、この灰のつまったヒョウタンとは、広島・長崎に落とされた原爆のことです。

これゆえにホピ族は、国連に警告し、この予言を世に広めた。

灰のつまったヒョウタンとは、どうしてもこれを思い出します。

ソース

ヒョウタンとは、水爆の典型的な形です。

ホピは世の終わりの前兆として「9つの前兆」を上げています。

引用です。

老人は全部で九つの前兆を話した。

その第一は、白い肌の者たちが大陸にやってきて、雷で敵を打つというもの。

これは銃を下げた白人のことだった。

二番目の前兆は、「声で一杯になった木の糸車の到来」。

これは白人の幌馬車隊だった。

第三は、「バッファローに似ているが、角の長く大きい獣」の登場。

これは、白人が連れてきた牛だった。

第四の兆しは「鉄の蛇が平原を通る」というものだったが、鉄道が大陸を横断したときにこの予言は成就した。

五番目の兆しとして老人が挙げたのは「巨大な蜘蛛の巣が地上をおおう」というものである。

やがて電線がアメリカ全土を蜘蛛の巣状におおった。

「大地に石の川が交差する」という第六の前兆は、ハイウェーが建設されるに及んで成就した。

老人は、次に、未来の予言として三つ列挙した。

第七の前兆は「海が黒く変色して、それによって沢山の生物が死ぬ」というもの。

第八の前兆は「ロングヘアーの若者が部族国家に加わり、インディアンの生き方と知恵を学ぶ」というものだ。

そして、最後の九番目の兆しはこうである。

「あなたは天の住居のことを耳にするだろう。

それは大音響とともに落ちてくる。

それは青い星のようにみえるだろう。

これが落ちてまもなく、わが民の儀式は終わるのじゃ」。

第七の予言は、70年代初頭に世界各地で頻発した大規模な石油流出事故。

これによって海洋は黒く汚染され、多くの生物が死んだ。

そして、第八の予言は70年代中頃に若者の間で盛んになったヒッピー文化である。

第七の前兆である石油流出事故で思い出すのは、メキシコ湾の原油流出事故と湾岸戦争の時の原油にまみれた海鳥です。

どちらも海が黒くなりました。

「9つの前兆」のうち8つまでが成就しています。

後残り一つは最後の9番目の前兆です。

天の住居が大音響と共に落ちてくる。

そしてそれは青く見え、これが落ちて間もなく「浄めの日」がやってくる、そうです。

この天の住居とは、宇宙ステーションではないかと予想されています。

去年2016年9月、中国政府は宇宙ステーションのプロトタイプであり、実験モジュールである「天宮1号(てんぐういちごう)」が、制御不能となったことを認めました。

全長10メートル、重さ8.5トンの実験モジュールですが、これは中国初の有人宇宙ステーションでした。

これが地球に墜落してくるのです。

今までは地球のどこに落ちてくるのかは分からず、また墜落時間も時期もまるで分かりませんでした。

最新だろうと思いますが、これですと地球のどこに落ちるかは未だ分からず、時間も墜落6時間~8時間前にならないと分からないそうです。

時期は2018年1月を挟んで前後2か月以内です。

つまり今年2017年12月~2018年2月までのいつかです。

制御不能状態の中国の宇宙ステーション「天宮1号」は2018年1月前後に「地球のどこか」に落ちると予測 GIGAZINE

この「天宮1号」が地球に落下してくる。

これがホピの第九の最期の前兆ではないかと噂されている。

米朝開戦もホピの予言も、また死海文書の世の終わりの予言もすべて2018年で一致している。

何か嫌な感じです。

大気圏内でほとんどは燃え尽きるようですが、重いエンジン部分は大気圏でも燃え尽きることはないと言われ、それが大体重さ100㎏ぐらいだそうです。

少しスケールが小さい気がしますが、地球のどこかに落ちてきます。

これも真理の動向次第ですけどね。

神道が妨害しなければ、とっくの昔に世界の浄化は始まっていました。

真理の普及に比例して、世界の浄化、すなわち既存の世界と日常の終わりがやってくるわけです。

日本では神を売らせておりましたので、神道ゆえに滅ぼされる人も多いでしょうね。

真理は目的であり、利用すべき手段ではない。

愚かな高天原です。

関連記事

  1. ファティマの予言とマラキの予言 1

  2. グレート・アメリカン・エクリプス(皆既日食)

  3. 「10月21日」、世界の終わりの開始 ?

  4. 欧州原子核研究機構「CERN(セルン)」

  5. スペインのフレスコ画

  6. 歴史のミンスキー・モーメント

  7. 注目の米・中間選挙

  8. 続・2015年世界はどうなるのでしょう?

コメント

  1. Woh I enjoy your articles, saved to favorites! .

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イギリス総選挙 議席確定
  2. 国際

    イギリス総選挙
  3. Truth

    原文 10
  4. 真理関係

    ミカエルの霊言の考察
  5. 気候変動

    4つの数字
  6. 気候変動

    温暖化ガス最高値更新
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2019.12.8

    原文 10
  1. 2019.08.4

    原文 5