キル・ショット(巨大太陽フレア)

従軍慰安婦の方が、また一人亡くなられました。

これで従軍慰安婦「239人」中、「206人」が亡くなり、生存者は残り「33人」となっています。

慰安婦被害者が死去 生存者33人に=韓国 聯合ニュース

今年の7月23日時点で従軍慰安婦の生存者は「37人」だったわけですが、4ヵ月で「4人」亡くなっておりますのでひと月に「1人」のペースで亡くなっていることになります。

早期の救済措置が必要です。

韓国の元慰安婦が91歳で死去、生存者37人に―韓国メディア レコードチャイナ

神道は最後まで誤魔化すでしょうけどね。

これも胸の痛む問題です。

前回の記事で安倍総理がバンカーに転げ落ちる動画を上げましたが、首相官邸はYou tubeを含めて、削除するのに躍起になっていたようです。

虚栄ですね。

ところが時、既に遅しであり、手遅れでした。

海外のメインストリームメディアが、世界的に拡散してしまいました。

首相官邸は、海外メディアに対しても削除依頼をするのでしょうか。

イギリスのBBCです。

見事に転んでいます。

スローモーションがにくいですね。

しかもバンカーショットを失敗しています。

これはアメリカのNBCです。

これもアメリカのABCです。

イギリスのBBCが最も詳細に報道しています。

さすがに日本政府も削除依頼はできないでしょう。

安心してお笑い動画を引用できます。

今までEMP攻撃(電磁パルス攻撃)についての記事をいくつかあげました。

不吉な前兆

2018年・祖国統一大構想

クローム・ドーム作戦

米朝開戦の分水嶺

「水爆弾頭化」誇示=ICBM開発で北朝鮮―電磁パルス攻撃に初言及 時事

北「電磁パルス攻撃」も可能と主張 日米韓防衛網を無力化 産経

もし仮にアメリカとロシアが全面核戦争をしますと、まず双方、最初に人的な被害が出る核攻撃はしないと言われています。

アメリカとロシア双方共に最初に行う核攻撃はEMP攻撃です。

2500個飛んでいる各国の人工衛星と400㎞上空を回っている国際宇宙ステーション(ISS)は、すべて崩壊し、地球に隕石のように降り注いでくることになる。

そう予想されているわけですが、米朝開戦においても、最初は双方のEMP攻撃かもしれません。

人為的なEMP攻撃ではなく、自然現象としてのEMP攻撃、これは地球全体への攻撃となりますが、これが巨大太陽フレアによる太陽嵐です。

これはEMP攻撃(電磁パルス攻撃)と同じであり、電子機器を破壊し、電気をすべて無と化し、文明を崩壊させます。

ただし巨大な太陽嵐は、人為的なEMP攻撃と異なり、地球全体を襲いますから、世界のすべての文明は一瞬で崩壊します。

スーパーフレアなどがくれば地球の文明はすべて終わってしまいますが、そこまでいかなくとも超のつく巨大太陽嵐が地球を直撃すれば、文明の終焉となります。

科学者はくるのは時間の問題と述べていますが、今から158年前の1859年9月1日に起こったキャリントン・イベントのような巨大な太陽嵐の発生確率は「15%」であり、この確率は1年ごとに「1%」づつ増加していきます。

地球を襲うのは時間の問題ということです。

2014年7月23日、NASAはとぼけた声明を公表しました。

・・あぁ、そうそう、そう言えば、2年前に地球の文明をすべて終わらせるような巨大な太陽嵐が、地球のすぐ近くをニアミスしてたよね

9日早ければ、キャリントン・イベントクラスの巨大な太陽嵐が、地球を直撃していた事実を2年も経って公表しました。

9日というタッチの差でした。

その時の記事がこれです。

12年の強力な太陽風、地球をニアミス NASA AFP

2012年に地球のそばをかすめた強力な太陽風は、地球を直撃していれば「現代文明を18世紀に後退させる」ほどの威力があるものだったと、米航空宇宙局(NASA)が23日、発表した。

NASAによると、2012年7月23日に地球の軌道上を駆け抜けた太陽風は、過去150年間で最も強力なものだった。

しかし、何が起きているかを理解している人はほとんどいなかったという。

その太陽風は、これまで知られている中で最大規模だった1859年の「キャリントン・イベント」と呼ばれる宇宙嵐に匹敵するものだったことが分かった。

また、カナダのケベック州一帯を停電させた1989年の太陽風と比較しても、2012年の太陽風は2倍の威力だったという。

そこからの復興には何年もかかる可能性がある。

今後10年以内にキャリントン・イベントと同規模の強力な太陽風が地球を直撃する確率は12%だった。

経済的損失は「2兆ドル(222兆円)」ですが、世界中の文明が地球ごと崩壊するわけですから、そのような金額で済むわけありません。

磁気嵐の強度をはかる指数に「Dst(Disturbance storm time)指数」があります。

通常の磁気嵐のDst指数は、-50nT(ナノテスラ)ですが、1989年3月、カナダのケベック州で大停電を引き起こした太陽嵐のDst指数は、「-589nT」でした。

1859年9月1日のキャリントン・イベントのDst指数は「-800nT~-1750nT」と言われています。

そして2012年7月、地球にニアミスした巨大な太陽嵐のDst指数は「-1200nT」でした。

カナダのケベック州で大停電を引き起こした太陽嵐の「約2倍」の太陽嵐だったわけであり、まさにキャリトン・イベントクラスの太陽嵐です。

記事にもありますが、地球と地球の全生物にとっては、「とてつもなく幸運」だったのです。

太陽嵐の電磁パルス攻撃を受けて、使えそうなのは自転車とカセットコンロぐらいと言われています。

自動車はすべてダメですが、日本では2002年に販売が終了したキャブ車ならば、もしかするとEMP攻撃を受けても乗れるかもしれない。

古いクラシックカーとかね。

キャブ車とは?インジェクション車との違いとは?始動時に暖気が必要なのは? MOBY

キャブレター仕様のバイクならば、まだ販売されているはずです。

その他の自動車やバイクは、すべて電磁パルスで死にます。

食料は何とも言えませんが、防災としても火と水は基本ですからファイヤースターターや携帯の浄水器はもっておいた方がいいでしょうね。

携帯浄水器では、こういった良いものがでています。

SAWYER ソーヤー ミニ 携帯用浄水器 災害時、緊急時に安全な水を確保できます アマゾン

38万リットルも濾過が可能だそうで、4人家族として一人1日、2リットルの水を要しますから1日8リットルです。

この浄水器ですと毎日、8リットル使用して「130年」持ちます。

大した浄水器です。

こちらならば、浄水能力380万リットルですから「1300年」です。

ソーヤー スクィーズ フィルター SP131

こうした浄水器は魚が泳いでいる水源ならば、すべて濾過できます。

防災用品としてももっておいた方がいいかもしれません。

この巨大な太陽フレアを予知している人がいます。

リモート・ビューアーですが、エド・デイムズ元大佐です。

この方は連続して地球を襲う巨大太陽フレア「キル・ショット」を霊視しており、それを10年以上前から予言している人です。

地球表面を巨大な太陽フレアが焼き尽くし、ハルマゲドンのような破滅に導く。

キルショットとは

2003年、訪日した時、2011年の福島第一原発の放射能事故を予言したそうですが、テレビ局側にカットされたと言っています。

「原子力発電所が破壊され、チエルノブイリを越える放射能漏れがあるとの透視結果を得た。

まさにその通りになった」

「このとき、日本のテレビ局は聴衆に恐怖を与えるのを恐れて、この肝心なところはカットされ放映された」

エド・デイムズ氏は、今もって予知を変えていないようです。

自然災害でもっとも警戒しなければならないのは、巨大な太陽フレアの直撃である。

エド・デイムス氏、ならにび彼のグループがリモートビューイングで見たキルショットとは、驚くべき巨大なものであった。

この巨大な太陽フレアが北米のどこかを直撃したら、その地域では発電所は停止し、2度と回復しないだろう。

直撃する巨大太陽フレアはひとつではない。

連続していくつかの巨大フレアが直撃する。

これは 近年中にかけて起こるはずだ。

いまから準備しなければならない。

そしてこんな怖いことを言っています。

キルショットの後、崩壊した社会を再建することになるが、生き残っている人口はかなり少ない。

5億人くらいかもしれない。

ハルマゲドンのような破滅のイメージが存在しているが、キルショットはまさにそうしたものに近い。

ただ時期については確信をもって言えないようです。

しかして物事には順序があるそうで、キル・ショットが地球を直撃する前に4つのことが起こると言っています。

1.アフリカで発生する穀物に感染する病原菌の拡散

2.日本で起こる巨大地震と原発の放射能汚染

3.北朝鮮による核攻撃

4.スペースシャトルのような宇宙船の強制帰還

このうち1と2は既に起こり、3が起こりそうであり、4は起こっていない。

ただ米朝開戦となりますと、宇宙空間でのEMP攻撃で人工衛星や宇宙ステーションは破壊され、宇宙船が飛んでいれば帰還を余儀なくされるでしょうから3と4は、ほぼ同時期でしょう。

特筆すべきは、北朝鮮による核攻撃であり、北の核爆弾は日本の関東に落ちると明確に予知している点です。

遠隔透視によって、かつて福島の放射能事故を当てたそうですから、何かは見えているのでしょう。

日本に核爆弾が落とされた後、地球は巨大太陽フレア「キル・ショット」で焼かれる。

特に日本は核爆弾を落とされた上に、その後太陽フレア「キル・ショット」で二度焼かれる。

広島の原爆で被曝したために長崎に避難し、避難したその長崎でも、また被曝する人みたいです。

エド・デイムズ氏の遠隔透視が正しければ、日本は「踏んだり、蹴ったり」となる。

泣きっ面に蜂」とも言いますね。

ただこの太陽フレアは、透視しなくても、科学的にいずれ来るのは時間の問題と言われており、何も透視する必要はないかもしれない。

北朝鮮のEMP攻撃に限らず、EMP対策は太陽フレア対策でもあり、早急に対応策を打つことが望まれます。

関連記事

  1. 獣の刻印

  2. スーパー・スノー・ムーン

  3. ひつじの三月三日、五月五日

  4. 広島の地鳴り

  5. 大量逮捕?

  6. 都市伝説の信憑性

  7. クリスマス後に戒厳令?

  8. 不吉な前兆

コメント

  1. Hiya, I am really glad I’ve found this info. Today bloggers publish just about gossips and web and this is actually frustrating. A good site with interesting content, that is what I need. Thanks for keeping this web-site, I will be visiting it. Do you do newsletters? Can’t find it.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

最近の記事

  1. 気候変動

    台風19号・ハギビス
  2. 気候変動

    荒川氾濫!?
  3. 国際

    香港のならず者
  4. 気候変動

    大規模災害の確率「47%」
  5. 真理関係

    修正と追記
  6. 真理関係

    嘘のつけない良心
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2019.10.18

    実相即方便 2
  2. 2019.10.13

    救世の4原理 1
  3. 2019.10.12

    荒川氾濫!?
  4. 2019.10.11

    明日なき暴走
  1. 2019.07.31

    裁きと許し 2
  2. 2015.06.10

    天人師