アマゾンの森林火災について

ハリケーン・ドリアンによるバハマでの死者数が「20名」に達しています。

ハリケーン「ドリアン」直撃のバハマ、死者20人に 7万人に緊急援助必要 AFP

カリブ海の島国バハマを5段階中最強の勢力「カテゴリー5」で直撃したハリケーン「ドリアン」による死者は4日、20人に増えた。

国連(UN)によると、北部のグランドバハマ島とアバコ島で、ほぼ全人口に相当する7万人が「緊急援助」を必要としている。

ここがグランド・バハマ島です。

ドリアンの直撃を受けた島ですが、その海を挟んで右側の島がグレートアバコ島です。

グランド・バハマ島の人口は「5万1756名」であり、アバコ島の人口は「1万7224名」です。

7万人が緊急援助を必要としているということは、ほぼ全人口が必要としているということです。

グランド・バハマ島とアバコ島は、ほぼ全土が壊滅したと思われます。

被害の全容は未だ把握されていないようですが、いずれ被害者は増加していくと思う。

最強カテゴリー・5のハリケーンは、そうそうくるものではありませんが、169年間の観測以来、大西洋ではカテゴリー・5のハリケーンは「35個」発生しています。

そのうちの「5個」が、ここ4年の間に発生しています。

ソース

2016年のハリケーン・マシュー

217年のハリケーン・イルマとハリケーン・マリア

2018年のハリケーン・マイケル

そして今年2019年のハリケーン・ドリアンの5つです。

ハリケーンの速度も気候変動で遅延しているという研究もあります。

今回のドリアンもその進む速度が異常に遅いですが、大西洋のハリケーンは、その速度が「16%」減速しているという研究結果もあります。

そしてほとんどの研究では、今後のハリケーンは、より強大で勢力が激しくなることが予測されています。

アメリカは今後もハリケーンの脅威にさらされるわけであり、大変でしょうね。

コメント欄に「アマゾンの森林火災はフェイク・ニュース」というコメントがありましたが、一瞬、どこのカルト信者なのだ、と思いました。

ちょっと、何言ってるか分かんない

これだけ世界的に報道されているニュースが、すべてフェイクであり、嘘をついているというならば、少し神経を疑った方がいい。

会話にも議論にもならない。

目の前で起こっている惨事を起こっていない、嘘だというわけですから、これは南京大虐殺はなかった、従軍慰安婦はなかったと証拠を目の前に提示しても認めない神道と同じです。

ボルソナーロ大統領は、ブラジルは今は乾季であり、森林火災は平年並みという詭弁を弄しておりましたが、そのような欺瞞は通用しない。

自己の森林破壊を利益が欲しいものだから自己正当化しているに過ぎない。

ソース

これはブラジル国立宇宙研究所(INPE)が公表している衛星による国内の林野火災の検知件数です。

このグラフから森林火災は平年並みと言っていたわけですが、平年並みではありません。

8月末の時点で既に火災は「8万3000件」を超えていました。

まだ残り4か月あるわけですが、このペースで破壊が続きますと軽く11万件を超えます。

まず平均ではないし、また火災の件数が問題ではなく、その火災による森林の破壊やそこに住む膨大で多様性に富んでいる生物種の死滅をみな懸念しているのであり、しいてはアマゾンの崩壊が地球温暖化の促進と気候変動を加速していくことを心配しているのです。

しかもアマゾンにはティッピング・ポイントがあり、後のり代は「3%~8%」しかなく、以前のように獰猛に破壊していい時代とは違うわけです。

それを以前の獰猛にアマゾンを破壊していた時の数値や以前の森林火災の件数をもってきて、現代の数値を加味し、平均を出して、その数値を低めに見せようとするのは、明らかに詭弁以外の何物でもない。

以前のように今後も獰猛に森林を破壊していきましょう、何故なら破壊は平年並みであり、何の問題もないからだ、とする環境犯罪を自己正当化する詭弁に過ぎない。

マクロン大統領が言うように「アマゾンは人類の共有財産」です。

アマゾンの森林火災を心配した人たちが、間違った画像をツイッターやインスタグラムに投稿していたことは、色々な報道機関で報道されていましたが、それとてフェイク・ニュースの根拠とはならない。

そのような間違った写真や画像を投稿していたのは、ほんの一部の人間であり、ほとんどは違います。

そのほんの一部の人間の間違いの投稿をもって、全体の投稿画像もすべて嘘とするのは無理がある。

そのすべての投稿画像を嘘とし、フェイクとし、だからアマゾンの森林火災もすべてフェイク・ニュースなのだと断定するのは結論が飛躍し過ぎです。

そのほんの一部の人たちですら、アマゾンの火災を見て、大変だと心配し、警鐘を鳴らすためにソースを確かめもせず、誤って投稿したのだと思う。

その間違った画像や写真を投稿した人たちですら、人を騙そうとか悪意をもって投稿したのではないと思う。

フェイク画像を投稿してしまった人たちがいても、その投稿をもって、その人たちがアマゾンのことを真剣に心配しているその心が否定されるものではない。

その投稿した人たちも、ちょっと間違って投稿してしまったと思っていると思いますよ。

神道系は朝から晩まで1日24時間情操の快楽で人を騙しているわけであり、自分達がそうだから、人までそうだと思い、他国の人がちょっと間違った画像を投稿しただけで、これは人を騙そうとして嘘の画像を投稿していると思うわけです。

自分が常に人を騙しているから、他人もそうだと思うのです。

これを下種の勘繰りと言います。

だから神道系は、何か嘘や間違いがあると、すぐに自分を騙そうとしているのではないか、嘘で人を釣ろうとしているのではないか、何か裏があるのではないか、と思うわけです。

自分達が常にそうしているからです。

だからカルトだと言っている。

この人たちの特徴は、例外を探すのです。

どこでも例外というのはありますから、それを探し出し、それを針小棒大に拡大解釈し、あたかもそれが主流の考えのように言うのです。

南京はなかった、従軍慰安婦はなかった等々、常に一部の例外を探すのです。

こんなのは99%通用しませんが、1%はいるのです。

その1%を拡大解釈し、あたかもそれが主流の考えであるかのように洗脳するのです。

だから日本人は、その洗脳で歴史修正主義ばかりのサイトが上位にくるのです。

その例外が主流になっているからカルトと言っている。

よそで南京虐殺はなかった、従軍慰安婦はなかったなどと大嘘を言おうものなら、袋叩きにあいますよ。

だから日本政府も表面だけは認めざるを得ないのです。

温暖化もそうですが、常に例外の2、3%の説を健気に世界中から探すのです。

地球温暖化は、97%の科学者が人為的な作用が原因と断定しているわけです。

真理的に見てもそうなのです。

心が悪いから気候が悪くなるわけであり、人為的な要因であり、科学的にもそうです。

ただ例外はどこでもあり、2、3%、アメリカの共和党のように温暖化を否定する人たちが極々一部いるわけです。

その通用しない例外を世界中から健気に探すのです。

共和党のトランプ政権は、世界で唯一気候変動を認めない政権と言われている。

そのどこでもいる例外の2、3%の説を探し、あたかも主流の考えのように吹聴するのです。

何十年もシミュレーションをし、データを蓄積し、その何十年にも渡って研究に研究を重ねてきた科学者の97%が、地球温暖化は人為的作用が原因と言っているのに認めず、その例外を探すのです。

神道系にそういう変なのが多いです。

おかしなプライドだけはもっているようですけどね。

自分達は専門で何も研究していないのにね。

自己の都合の悪い見解は見ないようにし、あるいは捻じ曲げて解釈し、都合のいいように忖度するのです。

コメント欄に記載した方は、恐らく神道系のサイトを読んでいる方であろうと大体、その言容から想像がつきます。

老婆心ですが、相手にしない方がいいですよ。

根拠のないおかしな考えを吹き込まれますからね。

特に神道系は、言葉だけは、実に最もらしいことを言いますからね。

矛盾だらけですが。

既に霊天上界では相手にされていません。

明らかに善人の仮面を被って人を都合のいいように騙しているからです。

大体、アマゾンの多様な生物種や微生物が火災によって喪失していく姿を目の当たりにして何も感じない非人道的な方のサイトは相手にしない方がいいですよ。

熱帯雨林には様々な生物が生息しています。

多様な植物が繁茂し、微生物を初めとした甲殻類や昆虫、貝類や両生類、魚類や鳥類、哺乳類など実に多様な生物種が生息しているのです。

アマゾンは、生物多様性の宝庫なのです。

この死滅を目の当たりにして何も感じないのは皇軍と通じるものがあり、非人道的な感情の持ち主と言わざるを得ない。

よくフェイク・ニュースと言えるものです。

おかしなサイトを読んでいるとそうなります。

アマゾンの森林火災は、8月だけで既に「2万5000平方キロメートル」が焼失しています。

東京・埼玉・北関東…アマゾン、1カ月でこの広さを焼失 朝日

国立宇宙研究所(INPE)は3日、8月のアマゾンの焼失面積が約2万5千平方キロメートルだったとホームページで公表した。

1~8月の合計は約4万3千平方キロメートルに達し、昨年1年分を超えた。

INPEの発表によると、8月のアマゾンの焼失面積は2万4944平方キロメートル。

東京、埼玉、茨城、群馬、栃木各都県の合計を超える面積が1カ月で焼けた。

この報道も嘘というのでしょうか。

東京、埼玉、茨城、群馬、栃木の合計を超える面積と言えば、相当なものです。

アマゾンでこれが進行している。

例年、9月はさらに森林火災が広がる傾向にある。

被害の拡大が心配される。

ボルソナーロ大統領は、世界中が非難しなければ、アマゾンの森林火災など気にもとめない大統領です。

世界が声を上げたがゆえに仕方なく軍を動かしたのです。

声がなければ、無視したでしょう。

ミュージシャンのスティングも声明を公表しています。

スティング、アマゾンの森林火災について声明を発表【日本語訳全文】

公式サイトはこれです。

We appeal to the Brazilian government…

これが正直な人間の反応ではないでしょうか。

関連記事

  1. 燃えるポルトガル

  2. レイムダック法案

  3. 水の黙示録 5

  4. 過去最大規模の災害!?

  5. 岐阜県、今年初 気温40°C突破

  6. 待ったなしの気候変動

  7. カスケード地震の警告か M10超

  8. 噴火・雹嵐、そして洪水

コメント

    • takada-y@mtc.biglobe.ne.jp
    • 2019年 9月 08日

    自然保護を訴える者の動機と目的が自分勝手な都合によるものです。
    間違った目的からは間違った結果しか生み出さない。
    主客合一、そのものです。

    【武田邦彦】緊急!アマゾン火災の恐るべき正体。
    https://youtu.be/76KZAJyJDYM

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

最近の記事

  1. 気候変動

    台風19号・ハギビス
  2. 気候変動

    荒川氾濫!?
  3. 国際

    香港のならず者
  4. 気候変動

    大規模災害の確率「47%」
  5. 真理関係

    修正と追記
  6. 真理関係

    嘘のつけない良心
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2019.10.18

    実相即方便 2
  2. 2019.10.13

    救世の4原理 1
  3. 2019.10.12

    荒川氾濫!?
  4. 2019.10.11

    明日なき暴走
  1. 2017.11.28

    おかしな噴煙
  2. 2018.03.13

    活殺一如 2