破滅的な山火事 NSW

世界の債務が過去最高を更新しています。

世界債務、最高の188兆ドル 金融リスク警告―IMF専務理事 時事

世界で債務が膨張し、2018年末時点の暫定値で188兆ドル(約2京500兆円)となり、過去最高を更新したと明らかにした。

世界全体の総生産(GDP)比で約230%に達し、「経済と金融安定にリスクをもたらす」と警告した。

「公的債務が第2次世界大戦以来の高水準になっている」

リーマン・ショックがボディーブローのように効いています。

借金によって維持されている経済ですが、地獄界みたいです。

生命の債務によって成立している世界です。

物とは説明のために設けられた仮定である。

自然界の統一力と意識上の統一力とは2種ない。

すなわち意識上の統一力一種在るのみ。: 西田幾多郎

物質とは、真理を説明するために設けられた仮定です。

ゲーテはこれを詩と言った。

詩の世界こそ真実の世界であり、宇宙は神の一大ポエムです。

移ろいゆくものは、永遠なるものの比喩に過ぎず : ゲーテ

移ろいゆくもの、すなわち物質は、永遠なるもの、すなわち神の心の比喩に過ぎない。

債務、いわゆる世界の借金が過去最大とは、生命の借金の比喩に過ぎない。

借金を返せる能力があればいいが、返せなければ、返すまで地獄界で債務を払っていかなければならなくなる。

これだけ生態系と自然界をボコボコにしておいて、恐らくただではすまんでしょうね。

地球は神の神殿であり、聖地なのです。

神殿は神を拝む場所であり、神を信じて祈る場所であり、悟る場所であり、永遠の霊的学習場であり、道場です。

宇宙は神の学校です。

お前、学校行くのに給料もらいに学校行くバカいんのか、と。

お前、ボーナスもらいに学校行くバカいんのか、と。

学費を払い、金払ってでも、勉強させて頂いておるんじゃないのか、と。

宇宙は神の学校であり、金払ってでも、学費払ってでも神の善悪と御心を勉強させて頂いておるんじゃないのか、と。

給料、ボーナスもらうなんて許さんぞ。

ただ働きせぇ。

なんて極端なことを言っていた神霊もいましたが、こういうのを貧乏神っていうんですね。

あいつ、神の学校で給料もらってる、減らしにいこ。

あいつ、神の神殿でボーナスもらってる、減らしにいこ。

あいつ、神の道場で残業代もらってる、減らしにいこ、メグリとってやろ。

日本最悪最凶の貧乏神ですな。

そんなワケの分からん口先の偽善的な教えを説いているから、立て替えができなくなる。

うちの指導霊とは逆であり、ほんとはた迷惑な神霊もいるんですね。

今度、リーマンのような世界的危機に陥りますと、既に弾丸を打ち尽くした今の世界の中央銀行では、危機に対処できなくなる。

リセッションとなりますと、最低でも金利が5%なければ、利下げで対処できません。

アメリカでも1.5%~1.75%ののり代しかなく、とても金融危機に対応できる金利水準ではない。

次の危機が最後でしょうね。

世界は崩壊しても当サイトの真理で仏国土やエデンの楽園創造はできますから、未来の世界は大丈夫でしょうが、借金のある人は大変でしょうね。

まさに欠陥だらけの文明であり、穴だらけの文明でした。

今の文明ならば、悪魔なんぞいくらでもつけるでしょう。

今後、世界と人類は信仰の真の意味を知ることになる。

IMFも警告です。

最悪の事態に備えを、IMFが欧州に警告-ドイツは危機説を一蹴 ブルームバーグ

金融政策を通じた対応策は使い果たされており、リスクも波及しているとして、IMFは欧州が緊急対策を講じる必要があると警告した。

IMFが発表した欧州域内経済見通しは、「下振れリスクの高まりに鑑み、緊急対策を実行できるよう用意しておくべきだ」と提言。

ドイツは7ー9月(第3四半期)に狭義のリセッション(景気後退)に入ったとみられており、労働市場も悪化し始めている。

ドイツのショルツ財務相は、IMFの懸念を一蹴しておりますが、次の危機に対しては財政政策しかなく、また借金が増えます。

世界の債務、つまり借金の増加は、地獄界の増加を象徴していることが分かっているのでしょうかね。

恐らく分かっていないでしょうね。

分かっているならば、ここまで腐っていない。

地球温暖化の原因も、GHGと言ってますが、善意で行っているわけですから、間違っているとは言いませんが、二酸化炭素やメタンに比喩した善、物質に比喩した善、結果に比喩した善であり、宗教的には明らかに方便の善です。

実相即方便ですから、方便も一定限度許容されておりますが、善の有効範囲は「有限」です。

地球全土に妥当していないのです。

有限を無限化すれば、またそれが悪のフィードバックを引き起こす。

世界が腐った理由も、この方便の善を無限化したからです。

温暖化ガスをなくしたぐらいで、人類のエゴイズムがなくなるわけないでしょう。

心の在り方が最も重要。

温暖化ガスを削減するぐらいならば、自己のエゴイズムや富を「天」においた神への傲慢を悔い改めることです。

今の気候変動も、人間のエゴイズムが引き起こしているからです。

神への信仰と悟り不足、いわゆる人類の霊的未熟が気候変動の原因です。

温暖化ガスを減らすより、エゴイズムを減らした方が早い。

ほんと物しか分からん未熟な人類です。

真理は、もうちょっと真面目にやらんとあかんど。

バフェット指数も暴落を警告していますが、ダムの水が一杯一杯であり、いつ決壊してもおかしくない。

ソース

バフェット指数はご覧の通り、1970年代からずっと「50~150ポイント」のレンジを行き来しています。

1991年のバブル崩壊、2000年初頭のITバブル崩壊、そして2008年のリーマン・ショックと指数を下げています。

現在のバフェット指数は「145.56」とほぼ上限ギリギリであり、いつ崩壊してもおかしくない状況です。

明らかにアメリカの株価は買われ過ぎなのです。

過大に評価され過ぎです。

これが調整されますと、金融政策を使い果たした今の中央銀行では対処できない。

気候変動も迫っておりますから、最後の危機でしょうね。

今年からグリーンランドでも異常な兆候が出ています。

グリーンランドで異常事態、「110億トン」の氷が『1日』で溶ける フロントロウ

北極圏に位置し、国土の82%が氷に覆われた国グリーンランドで、異常事態が起きている。

グリーンランドを覆う氷のうち、8月1日のたった24時間で、なんと約110億トン分の氷が溶けたという。

さらに2019年7月の1ヵ月間では、約2,000億トンの氷が溶けたことが観測されており、例年の3倍以上に昇る。

北極圏やグリーンランドでは、他の地域と比べて「2倍」の速さで温暖化が進んでおり、北極圏の温暖化は世界中で異常気象を引き起こしています。

そこで新聞のべた記事のように微かな異常事態が起こっている。

「これから約18ヵ月の間に、非常に多くのことが起こるでしょう」と米Reutersに話し、ポツダム気候影響研究所所長のハンス・J・シェルンフーバー博士は、2020年にイギリスで開催されるサミットまでの約18ヵ月が、人類の今後を決定づけるだろうとしている。

このハンス・J・シェルンフーバー博士という方は、IPCCで気温上昇を「摂氏2度未満」に抑えるというこの「2℃」の数字の生みの親です。

この人の「2度未満」の提言が世界で合意されたわけです。

異常気象は現在進行形であり、オーストラリアが、明日12日にえらいことになりそうです。

ソース

クイーンズランド州では「60件」を超える山火事が発生しており、ニューサウスウェールズ州(NSW)では「45件」を超える山火事が発生しており、学校も「575校以上」が閉鎖に追い込まれています。

More than 60 fires threaten NSW and 45 burn in Queensland – as it happened ガーディアン

明日の12日には「壊滅的な火災の危険」が警告されています。

Dangerous fire conditions forecast for Tuesday 12 November NSW

グレーターハンターとグレーターシドニー(シドニー都市圏)地域に初めて最高度の警告が出されています。

ソース

ソース

グレーター・ハンターとグレーター・シドニーには黒色で「カタストロフィック(破滅的)」とあります。

高温と猛烈な風が、州全体に吹き荒れるようです。

大都市圏に山火事です。

森林火災の最高レベルの警告ですが、家屋はこのレベルの山火事に耐えられるように設計されていないと言っています。

何かえらいことになりそうで。

オーストラリアと言えば、もちろんコアラですが、コアラも山火事で犠牲になっています。

ソース

コアラが「350匹以上」も犠牲になっています。

コアラは絶滅寸前なのにね。

明日のオーストラリアは、恐ろしいことになりそうです。

関連記事

  1. カリフォルニア史上第4位の森林火災に トーマス・ファイア

  2. ハリケーン・マイケルの惨状

  3. ディアブロ・ウィンド(悪魔の風)

  4. 消滅する熱帯雨林

  5. イギリス総選挙

  6. 草津白根山 3000年ぶりの噴火

  7. 桜島 本日495回目の爆発

  8. メディケーン・ゾルバス

コメント

  1. It’s an awesome article in support of all the online users; they will get benefit from it I am sure.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イギリス総選挙 議席確定
  2. 国際

    イギリス総選挙
  3. Truth

    原文 10
  4. 真理関係

    ミカエルの霊言の考察
  5. 気候変動

    4つの数字
  6. 気候変動

    温暖化ガス最高値更新
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2019.12.8

    原文 10
  1. 2019.03.31

    新元号の嘘