急がれる温暖化対策

スウェーデンの環境活動家・グレタ・トゥーンベリさんは、タイム・トラベラーだったようです。

ソース

ソース

1898年からの時間旅行者です。

冗談ですけどね。

オーストラリアの山火事が、現時点でもかなり酷いことになっており、ニューサウスウェールズ(NSW)だけでも、既に「250万エーカー(1万0117平方キロ)」を焼いているようであり、岐阜県の面積とほぼ同じ面積が焼失している。

アマゾンの森林火災は、九州全土よりも巨大な面積が焼かれておりましたが、オーストラリアの山火事もこれから酷くなりそうです。

2.5 million acres on fire. Stifling smoke. Burned koalas. This is spring 2019 in Australia. ワシントンポスト

題名に「spring(春)」とありますが、オーストラリアは季節的には、現在「」なわけです。

オーストラリアでは「9月~11月」が春であり、「12月~2月」が夏です。

3月~5月」が秋であり、「6月~8月」が冬になります。

オーストラリアの季節

今は11月ですから、春なわけです。

「11月~4月」が雨季ですから、雨が降るはずなのですが、気候変動で狂ってきており、雨がなく山火事の被害が広がっています。

NSWの一部の火災は、メガ・ファイアになるかもしれないとあります。

メルボルンは、最高気温が105.6℉(40.9℃)に達しており、南オーストラリア州では11月の気温としては記録を塗り替えています。

例えばヌーラバーでは、116℉(46.7℃)を記録しています。

NSW州では「247万1053エーカー(1万平方キロ)」が煙に包まれ、「6名」が死亡、「600棟以上」の住宅が焼失しています。

東京23区(619平方キロ)の、なんと「16倍」です。

全体としてオーストラリアの年間平均気温は、1910年以降「1.8℃」も上昇しているとあります。

他の地域よりも早く温暖化している。

11月の最高気温としては、続々と記録が更新されていますが、特にタスマニアで顕著です。

ソース

カンパーニアやタナック等、記録が更新しています。

山火事の光景も異様な光景となっているようであり、シドニーに赤い太陽が昇っています。

ソース

ソース

ソース

ソース

科学的には色々と説明はできるのでしょうが、世紀末的で不気味です。

ソース

ところで、もう、燃え過ぎ。

春でこれなら、夏には燃え尽きてるんじゃないか。

焼死しそうなコアラを救助した勇敢な女性がいましたが、助けられたコアラは14才のコアラであり、「ルイス」と名付けられています。

生き残る可能性は「50%」ほどであり、重度のやけどのため野生には帰せないようです。

コアラだけではなく、カンガルーもこうなっています。

ソース

パリ協定に関して、ひときわ目立つ存在となっている自由の国の方々ですが、深紅に輝いています。

ソース

濃い緑は、パリ協定を批准した国であり、薄い緑は署名した国であり、赤は離脱した国です。

離脱した国と言っても、一国しかありませんけどね。

このサイトの方が日本語ですから分かりやすい。

他の言語も選択できます。

パリ協定

地球温暖化を防止できなければ、世界経済は2050年までに「7.9兆ドル(800兆円)」を失う。

Climate change could directly cost the world economy $7.9 trillion by 2050

世界経済のGDPは、2050年までに258兆ドルとなるが、温暖化によって7.9兆ドル失い、250兆ドルになる。

気候変動に脆弱な国は、アンゴラ・ナイジェリア・エジプト・バングラデシュ・ベネズエラ、そしてロシアです。

ロシアは2050年まで、つまり後30年でGDPの「5%」を失うとあります。

アメリカが際立って目立っておりますが、トランプ政権は、確かにパリ協定から離脱しましたし、来年完全に離脱するようですが、必ずしもアメリカの総意ではない。

民間レベルでは、パリ協定をみずから順守しようとする多くの人達がいます。

アメリカ物理学会(APS)も正式に声明を出しておりますし、少なくとも1億5860万人のアメリカ人がパリ協定の離脱に反対しています。

およそ半分です。

Climate Change APS

ここでは証拠に議論の余地はなく、地球温暖化が起こっている。

もはや議論している段階ではない、とあります。

We Are Still In

ここではアメリカのGDPのうち「9.46兆ドル」を代表する人達と「3832人」の各界の指導者と「1億5860万人」の人達が、この気候変動対策を支持する「We Are Still In」宣言に署名している。

トランプ政権がパリ協定を離脱しようが関係なく、パリ協定を自主的に守ろうとしている人達が、約半数ほどいます。

気候変動は、もはや目に見える形で、我々の前に現象化してきているのであり、温暖化懐疑派と議論したり、構っている暇もないということですね。

あと10年ほどが勝負と言われています。

実際は難しいと思ってますけどね。

関連記事

  1. 始まった気候変動の行く末

  2. 水を飲むコアラ

  3. 洪水の時代

  4. 芦ノ湖の水位低下

  5. 慶長三陸地震 M9クラス

  6. アメリカの異常気象

  7. アメリカの異常な春

  8. 水の黙示録 3

コメント

  1. I’m no longer sure the place you’re getting your information, but good topic.
    I must spend a while studying more or figuring out more.
    Thank you for magnificent information I used to be in search of this
    info for my mission.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    原文 12
  2. Truth

    原文 11
  3. Truth

    天地一体の悟り 1
  4. Truth

    GLAと幸福の科学 33
  5. Truth

    GLAと幸福の科学 31
  6. 気候変動

    地球温暖化時計
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.01.21

    救世の4原理 5
  2. 2020.01.19

    Idolatry
  1. 2019.03.31

    新元号の嘘
  2. 2018.03.7

    トロイの神話
  3. 2015.07.16

    軍靴の足音