自治体半減の衝撃

ずくなしの冷や水

このサイトを見て驚きましたが、本当なんでしょうかね。

ここにはこうあります。

「昨日も東京の電車駅や車内の急病人がハンパじゃなかったらしい。

新宿で頭から血を流してぶっ倒れている人。

渋谷駅でホームから転落。

駒澤大学駅で救護人通報。

国分寺で急病人対応。

中野駅で非常ボタンで中央線が急停止。

もう首都圏は壊滅の危機にあるという前ぶれではないのか?」

大手の報道では見ませんけれども、関東地方はこういう状況なのでしょうか?

電車内で一日に43人の急病人とは、尋常ではありません。

私も東京に住んでいたことがありますけれども聞いたことがありません。

電車内での急病人急増は、ネツトを見ていれば誰でも分かります。

おそらくこれにどう対処し、ごまかすか、隠していくのか、作戦が立っていないのだと思います。

それだけ事態が深刻なのでしょう。布団の中で亡くなるだけではなくなってきたのです。

原発事故から4年が経過しているため、もうそろそろ影響が表面化してもおかしくありませんけれども、ついに政府は避難をさせませんでした。

今後も避難させる気はないのでしょう。

それは次の言葉からも分かります。

細野豪志氏は北九州小倉駅前での瓦礫受け入れ要請のビラ配り中に、受け入れ反対の女性に向かって『みんな被爆してるんですよ!』と言ったのだそうだ。

橋下徹「悪いが被曝していただく」

国家を支えている中枢の人たちが、すべて総被曝している状況が面白くないのかもしれません。

健康な人たちまで被曝させることに何の意味があるのでしょう。

これでしょうか。(2分15秒)

「絆」で縛り付けています。

あなただけ助かりたいんですか?

細野豪志氏が言うように「みんな被曝しているんですよ

まだ被曝していない方も絆で一緒に被曝して下さいよ。

それとも自分さえ良ければいいのですか。

みんな被曝してるんですよ。

あなたも一緒に被曝して下さいよ」と言うことでしょうか。

だとすれば避難させる気は、はなからなかったということになります。

確かに避難すれば国家が崩壊しますからね。

既得権益を持つ者は、それを失うことになる。

その利益(悪)を失わないためには、どうすればいいのでしょう。

そう、だから「安全デマ」を撒くのです。

税収と地価を維持するために避難させないということでしょう。

国家のために被曝しろと強要しているようにしか見えません。

まさに神風特攻隊の国です。

富のために命を犠牲にしろということでしょう。

神理上は利益(神の体)を最上位に置いているため犯罪に妥当します。

この世的にもあの世的にも犯罪者となった国です。

恐らくなくなっていく国なのでしょう。

神理の権威と言うのは、この世の犯罪とは次元が異なっているのです。

日本以外の国の動きを見れば、大体分かります。

しかして神の権威の意味を知り、これを実現せんとする方もまだ日本に2、3万人ほどはいるようです。

これをどうするのかが今後、諸神霊の動きとしてあるでしょう。

神道が治める日本は、今後大変な事態を迎えることになるでしょう。

2040年に896自治体で若年女性半減、消滅の可能性=有識者会議推計 ロイター

非常に衝撃的な記事です。

わずか25年後に自治体が半減すると言っています。

「人口減少問題検討分科会は8日、『全国1800市区町村別・2040年人口推計結果』を公表した。」

「2040年にまでに若年女性(20─39歳)の人口が50%以上減少し、消滅する可能性がある市区町村は全国に896あり、なかでも人口が1万人未満で消滅の可能性が高い市町村は532にのぼるという結果となった。」

「全体のほぼ半数の市区町村が消滅の可能性があるという事実が明らかになった。」

正確には全国の市区町村数はこれによれば1742です。(2014年1月1日現在)

消滅する可能性のある市区町村は全体の51.4%です。

消滅の可能性の高い市町村は30.5%です。

凄まじい減少です。

ここまで減少しますと行政サービスや災害復旧、インフラの整備や経済規模等が維持機能できず、廃墟となる自治体も出てくるはずです。

自治体として存続できなくなる。

昔あった家がなくなり、昔あった道路がなくなり、昔あった農地がなくなり、昔あった病院がなくなり、昔あった建物がなくなる。

廃墟となるところも出てくるはずです。

わずか25年後に日本地図が変わる。

大変な人口減少が見込まれているということです。

希望出生率は現在1.8程度。

現実の出生率(1.41、2012年)を上回る。

2025年をめどにこれを実現し、さらに2035年に出生率が2.1になった場合、日本の人口は9500万人で安定するという。

ちなみに現在(2015年)の出生率は1.43です。


ソース

総務省統計局の公表データを見ますと、平成23年、つまり2011年から人口が異常に減少していることが分かります。

これを見ますと2011年の自然増減は「18万人の減少」、2012年は「20万5千人の減少」、2013年は「23万2千人の減少」、2014年は「25万1千人の減少(10月1日現在)」です。

2011年 -18万人

2012年 -20万5千人

2013年 -23万2千人

2014年 -25万1千人(10月1日現在)

2014年 -26万8千人

2011年の福島第一原発事故から減少幅が拡大しています。

恐らく被曝潜伏期間の切れる来年辺りから人口減少幅が、目に見える形で拡大していくのではないでしょうか。

政府の有識者委員会「選択する未来」が、2014年5月13日に「50年後に1億人程度の人口を維持する」との国家目標を打ち出しました。

そのためには15年後の2030年までに合計特殊出生率を、現在の1.43から2.07へ引き上げる必要があると主張しています。

全くあり得ない数字だと思いますが、最初に結論ありきで、1億人を維持するためには、2.07でなければならないということだと思います。

お役所仕事の数字でしょう。

出生率の高いフランスでも2.01です。

無理でしょう。

人口問題研究所(PRB)は、急速な勢いで人口が減少し、絶滅の危機に瀕している5つの民族を挙げ、その筆頭に日本が入りました。

人口減少で絶滅の危機に瀕する5つの民族、筆頭は日本 Sputnik

5つの民族とは、

日本

ウクライナ

ボスニア=ヘルツェゴビナ

ブルガリア

グルジア

です。

いよいよ日本民族は「レッド・リスト」入りです。

絶滅危惧種の筆頭です。

どうするのでしょう。

あくまで国益と利益を目的とし、自我の相対性を物差しとし、下に向かっていこうとするのでしょうか。

神理が善、利益が悪、幸福が善、快楽が悪、生命が善、物質が悪です。

神理が上であり、利益は下です。

幸福が上であり、快楽が下です。

生命が上であり、物質が下です。

神我が上であり、自我は下です。

これが大宇宙の理法です。

利益に向かい、快楽に向かい、物質に向かい、自我に向かうとは、「下」に向かうことと同じであり、それを無限化している場合、無限に下に下降することになる。

下降しているはずです。

しかも神道の場合、下降しながら辺り一面にゴミをまき散らしながら下降しておりますので、本当にはた迷惑です。

神を売った国は衰退し、神を売らなかった国は繁栄する。

当たり前のことであり、神を売った国が繁栄してはならないのは当然のことです。

神道のように売るのではなく、戦争を売ってくるなどと言うのは、衰退では済まないでしょう。

唯一の頼りの国がアメリカとは情けない霊系統です。

今後、民主主義と資本主義は衰退していき、なくなりますので預言しておきます。

善人に影響が及ばないように徐々に衰退していくはずです。

民主主義も資本主義も「利潤」が最上位に置かれている体制です。

正義が上、利益が下だと言ってある。

物質宇宙は神の表現体であり、神の体です。

神の心が上、神の体は下です。

正義は上、利益と国益は下です。

その下の国益と利益を上に置いた原理と体制ですので大宇宙(神)の構造と仕組みに反しておりますから衰退後に崩壊すると言っているのです。

未来に存続する体制ではありません。

あくまでその古い体制と原理に無意味に執着するのであるならば、その者もその体制と原理と共に滅ぶと言っている。

神が大宇宙を永遠に支配しております。

これと反したことをしているわけですから、悪は衰退し、善は繁栄していく。

神の手によって葬られていくことになる。

民主主義と資本主義がなくなり、崩壊した後に世界を繁栄と善に導くのは、当サイトが主張している「神約民主論」国家であると言っている。

経済原理の方はソクラテスに委ねるしかありませんけれども、彼にまかせておけば間違いありません。

とりあえず宗教的神理の極致と理想の政治体制は当サイトが出していく。

出すだけではなく、ヨーロッパでは具体的に実現されていきます。

神道が長々と妨害しているだけです。

これも歴史に明確に残りました。

どのような善を述べても神道は無理です。

すべて屁理屈ですから、もう25年の異常犯罪で霊天上界において見抜かれています。

「神一厘の秘策」ごときで世界の盟主は不可能ということです。

「神一厘の秘策」の意味と内容も、未だ知らないようですけれども、悟りが低すぎて話にならない。

努力をしていないから悟りが低いわけですが、低いくせに傲慢を身につけ、あまつさえは犯罪を継続的に犯してきました。

盟主はあきらめなさい。

その反作用を今後、受けていくであろう。

「神約民主論」国家を実現した国家と文明が、今後数千年の盟主となり、全世界を空前の繁栄に導いていきますと、断定してある。

これをこの世で実現していく神霊の名を「ゼウス」と言う。

神道は今後も利益と国益という「悪」を本質に有した民主主義と資本主義において「利潤」を追求し、全世界を腐敗させていけばいい。

繁栄は悪であるゆえに許されない。

この体制と原理を取っているうちは、衰退と没落しか許されていない。

没落しているでしょ。

今後もしていきます。

眼に見せても、まだ分からんか。

よく曇りなされたなぁ。

神の善ならば繁栄し、悪ならば衰退し、没落し、酷い場合は消滅する。

悪は繁栄してはならないのは当たり前。

これが今後、二千年かけて表現されていくであろう。

関連記事

  1. 異常な幼稚園

  2. テクノロジー犯罪

  3. ネット動画の著作権について少々

  4. 天皇家 東電株で含み損

  5. エクスティンクション

  6. 神のA級敵国条項

  7. 今年の夏は「冷夏」

  8. ヘイト・スピーチ

コメント

  1. Excellent post. I was checking continuously this blog and I’m impressed! Extremely helpful info specifically the final part 🙂 I take care of such information much. I used to be looking for this particular info for a very long time. Thanks and best of luck.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

最近の記事

  1. 気候変動

    台風19号・ハギビス
  2. 気候変動

    荒川氾濫!?
  3. 国際

    香港のならず者
  4. 気候変動

    大規模災害の確率「47%」
  5. 真理関係

    修正と追記
  6. 真理関係

    嘘のつけない良心
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2019.10.18

    実相即方便 2
  2. 2019.10.13

    救世の4原理 1
  3. 2019.10.12

    荒川氾濫!?
  4. 2019.10.11

    明日なき暴走