オウム真理教と幸福の科学

昨日7月8日、午後4時にインドネシアのバリ島・アグン山が、また噴火しています。

中々、活発化してきていますが、本日7月9日の午前11時20分にも噴火しており、2日連続の噴火です。

噴煙の高さは2000メートルを超え、2分42秒噴火が続きました。

現在、54か所の避難所に4415人の人達が避難しています。

アナック・クラカタウ火山も恒常的に噴火しているようです。

全米での山火事は現在、12州60か所で山火事が発生しています。

コロラド州のスプリング・クリーク・ファイアは、「10万7307エーカー」を焼き尽くし、封じ込め率は「70%」となっています。

Rocky Mountain Area Coordination Center

カリフォルニアのカウンティ・ファイアは「9万288エーカー(365平方キロメートル)」を焼失し、鎮火率は「73%」、「16棟」の建造物を破壊しています。

COUNTY FIRE

2667人の消防士に153台の消防車、23機のヘリコプターで消火作業中です。

7月5日午後12時37分に発生した新たな「クラマソン・ファイア」も、割と大きな被害を出しています。

KLAMATHON FIRE

焼失面積は「3万5250エーカー(142平方キロメートル)」、鎮火率は「30%」です。

ただ建造物の破壊が「81棟」と割と住宅の被害が大きいです。

2716人の消防士に199台の消防車が出動しています。

対応の規模がカウンティ・ファイアよりも多い。

西日本豪雨も大変な被害となっています。

正式に「平成30年7月豪雨」と命名され、死者が「126名」を超えてきています。

西日本豪雨死者126人に、今も救出続く TBS

西日本を中心とした記録的な豪雨の被害がさらに広がり、JNNのまとめではこれまでに126人が死亡、少なくとも62人の行方がわからなくなっています。

死者が100名を超えた豪雨災害は、島根県を中心とした「昭和58年7月豪雨(1983年)」(死者・行方不明者117名)以来です。

平成では最悪の被害ということになります。

降雨量は観測史上最大を各地で更新しており、72時間降水量では22府県で119地点、24時間降水量では19府県で75地点で記録を更新しています。

避難者は1万1000人を超えています。

今回の西日本豪雨災害の中心は、九州北部かと思いきや、ここ広島県が中心でした。

私が住んでいるところは、ほとんど普段と変わりませんが、お隣の倉敷や広島市では甚大な被害を出しています。

ただ宅配便が来なかったり、コンビニに行きますとおにぎりもなく、店員に聞いたら、物流が滞っており、トラックの配送が来ないのだそうです。

山陽自動車道が、土砂で閉鎖されており、復旧には時間がかかるようです。

近くの呉市や倉敷では27万戸も断水しており、水がなければ掃除もできない。

土砂災害は238件にも及ぶそうです。

まだまだ被害は拡大しそうであり、恐らく死者・行方不明者は、軽く200名は超えるだろうと思われます。

生存率が著しく低下すると言われる「72時間の壁」を明日の10日に迎えます。

救出が急がれます。

今後、毎年こういった災害が、頻発していくのでしょうね。

麻原以下、6名の幹部が処刑されましたが、オウム真理教は1984年「オウム神仙の会」で発足しており、3年後の1987年にオウム真理教と改称しています。

幸福の科学の発足が1986年です。

ほぼ同時期に発足しています。

1987年からわずか2年後の1989年11月に坂本堤弁護士一家殺害事件を起こしています。

この時、幸福の科学は絶頂期を迎えています。

1994年6月27日には松本サリン事件を起こし、この時死刑の運命が決定したのでしょう。

幸福の科学では1994年5月号において、あの大事件である高橋信次追放事件が起こり、ある意味以後の幸福の科学の運命を決定づけるかのような大事件が起こっています。

オウム真理教は、翌年の1995年3月20日に地下鉄サリン事件を起こし、これで死刑の運命が決定的に確定しています。

幸福の科学も1995年には以後の運命が決定したのかもしれません。

ここから急速に道を逸れていくからです。

地下鉄サリン事件から2か月後の5月16日に麻原は逮捕されています。

麻原逮捕から8か月後の1996年1月、解散命令が出され、オウム真理教は宗教法人格を失っています。

それから2か月後の1996年3月に教団は破産して消滅しています。

【図解・社会】オウム真理教の資産額と賠償支払額の推移(2015年3月) 時事

わずか1年で宗教法人格を失い、教団は破産して消滅しているのですね。

法の華三法行も1年弱で宗教法人の解散処分と破産宣告を受けています。

オウム真理教の債務は「38億円」でしたが、法の華三法行の債務は「600億円」でした。

特に法の華三法行は、御利益信仰を垂れ流していた宗教であり、詐欺罪で逮捕されています。

悟りも反省もないのに、健康あふれる毎日です、豊かで明るい毎日です、繁栄一筋の毎日です等々、御利益だけをむさぼろうとしていた宗教です。

大衆を利益で扇動していた宗教ですね。

利益が悪だと悟っていない教祖です。

日本ではこういった利益や快楽を主体とした宗教がやたら多い。

民度が低いということでしょうね。

テレビゲーム・漫画・アニメ等、人類を堕落させるものばかり輸出していますが、快楽を主体としているからそうなる。

教育ママゴンが、目を吊り上げて怒るものばかりです。

真理が善、利益が悪、神の心が善、神の体は悪、生命が善、物質が悪、幸福が善、快楽が悪、神我が善、自我が悪というのは、方便の教えしか説けなくとも、真理の基本中の基本なのですが、実に単純に利益を拝ませ、神の体を拝み、快楽を主体とし、自我を天に置く独裁と言うか、東洋的専制になります。

オウム真理教も法の華三法行も、1年もかからず解散と破産をしておりますが、割と短期間に宗教団体はなくなっていくのだなというのは意外でした。

幸福の科学も早急に反省すべき点は反省し、点検すべき点は点検し、修正すべき点は修正しなければ、神道に付け入るスキを与えることになる。

イエスも私の聞き間違えでなければ、「手遅れ」と言っていた。

指導霊のくせに酷い言いようです。

自己都合と個人崇拝をやめさせなければ大変なことになりかねない。

過去世を無茶苦茶言うことによって輪廻転生の信憑性を崩し、霊格を無茶苦茶言うことによって多次元世界の信憑性を崩し、インチキ守護霊霊言を出すことによって守護・指導霊システムの信憑性を崩し、創世記に手を付けることによってベーエルダの創世記をくらませ、インチキ霊言を大量に出すことによって1980年代の霊言も実はあれも嘘だったのだと思わせることにある程度成功している。

わずか3年で信次ワールドの法体系を破壊した。

随分と頭のいい悪魔です。

しかも戦い慣れている。

かつてルシフェルがやっていたことと同じことをしているように見える。

ミカエルも言っておりましたが、ルシフェルは当時、地中の黒い水、石油を探し当てる霊視能力を有しており、その石油を使って敵を焼き滅ぼしていた。

城の周りに穴を掘ってそこに石油を流し込んでおく。

敵が来たら、その石油に火を放ち、焼き殺していた。

石油自身も当時は知られていなかったため、この戦法はほぼ無敵だったそうであり、この殺戮をエル・ランティが許さなかった。

何度も何度も全天金色の文字で何キロにも渡ってルシフェルに警告文を掲げて注意した。

しかしてルシフェルは、その警告に耳をかすことはなく、うるさいエル・ランティ達に反旗を翻した。

当時まだ小さかった地獄界の魔王の力を借りて、霊天上界と通信できていた地上人間の一人一人に魔王をつけて、霊天上界の諸霊と会話できないようにした。

そして悪魔の言葉だけを聞かせようとした。

霊天上界の諸霊の言葉を聞かせず、魔王の言葉だけを聞かせようとした。

これがダブるのです。

1980年代の諸神霊の霊言を封印し、諸神霊の言葉を聞かせないようにして、悪魔の言葉だけを聞かせようとしている。

ルシフェルと呪詛の覚鑁の影響が色濃く出ているように見えるわけです。

ほめちぎるやり方もルシフェルのやり方です。

イエスや高橋信次は、最高霊域にいながら利益と快楽を悪であると明確に悟っていないように見えるわけですが、ルシフェルの方ははっきりと快楽で人間を堕とせることを知っています。

だから不快ではなく、標的に定めた人間に対しては徹底的に快楽を与える。

決して不快を与えない。

悪については諸神霊よりもルシフェルの方がよく知っているように見える。

悪魔や地獄霊をあまり舐めない方がいいのではないか。

悪については諸神霊よりもルシフェルの方がよく知っているような感想を持ちました。

そのような体たらくならば、霊天上界はいつの日か悪魔に負ける時がくるのではないか?

幸福の科学の件はこれを教えようとしているのではないか、と思っています。

谷口などを平気で指導していたヨーロッパの諸神霊がいました。

善ばかり言うからその快楽性で、このような異常犯罪を犯すような人間に見えなかった。

だからその快楽性で指導した。

ここでも快楽が悪だと悟っていない性質が見て取れます。

しかしてルシフェルは、この快楽が悪だと明確に知っている。

幸福の科学は、大川さんが悟らなければ、どうにもならない団体です。

今のままならば、恐らく幸福の科学の人たちのためにイエスは一旦リセットするでしょうね。

特に初期の人たちは高橋信次氏が集めた人達です。

責任逃れはできないでしょうね。

しかして責任を取れるとも思えませんけどね。

関連記事

  1. 一新される文明と人類の意識

  2. 修正と追記

  3. カルトと化した世界

  4. 幸福の科学の教え 4

  5. 幸福の科学の教え 1

  6. ミカエルの霊言の考察

  7. 幸福の科学の教え 10

  8. カルトについて少々

コメント

  1. I was just seeking this info for a while. After 6 hours of continuous Googleing, at last I got it in your site. I wonder what’s the lack of Google strategy that don’t rank this type of informative sites in top of the list. Usually the top websites are full of garbage.

  2. Hi, i think that i saw you visited my weblog so i came to
    “return the favor”.I’m attempting to find things to enhance my site!I suppose its ok to use some of your ideas!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イギリス総選挙 議席確定
  2. 国際

    イギリス総選挙
  3. Truth

    原文 10
  4. 真理関係

    ミカエルの霊言の考察
  5. 気候変動

    4つの数字
  6. 気候変動

    温暖化ガス最高値更新
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2019.12.8

    原文 10
  1. 2019.10.21

    世界の悲鳴
  2. 2019.05.24

    メイ首相辞任