台風13号 サンサン発生

台風13号が、8月8日から9日にかけて本州に上陸しそうです。

左下の再生ボタンをクリックして下さい。

ウィンディ GFSモデル

このGFSモデルでは、8日に首都・東京を直撃し、そのまま東日本に抜けていきますが、このモデルの場合、東日本に豪雨を降らせます。

恐ろしいのはECMWFの気候モデルであり、このモデルでは9日の木曜日に四国を直撃し、西日本に長期間豪雨を降らせることになります。

よく見ますと、あくまで現時点の予測なのでしょうが、9日から13日以上降り続け、最低でも4日間以上は豪雨が降り続く予測になっています。

ウィンディ ECMWFモデル

西日本豪雨の爪痕に、また豪雨が襲います。

GFSモデルの場合は東日本に豪雨を降らせ、最も予測が当たると言われているECMWFモデルでは、西日本に豪雨が降ることになる。

一体、どちらの気候モデルの予測が当たるかは分かりませんが、ECMWFモデルの場合は悲惨な事態となりそうです。

台風13号の名前は「サンサン」であり、香港の少女の名前だそうですが、まるでパンダの名前みたいです。

燦燦と太陽の日差しではなく、豪雨が降りそうです。

気候モデルは、時々刻々予測が徐々に変化していきますが、現時点では西日本に降りますと、恐ろしい豪雨災害になりそうです。

カー・ファイアも、その焼失面積の規模においてトップ20のうち「20位」から「17位」にまで順位を上げています。

CARR FIRE カル・ファイア

焼失面積「14万1825エーカー」焼いており、鎮火率は「41%」です。

Top 20 Largest California Wildfires カル・ファイア

まだPDFには反映されておりませんが、すぐに反映されます。

現在、カー・ファイアは、その規模においてカリフォルニア史上「第17位」となりました。

このカー・ファイアは、とにかく炎の竜巻、火災旋風が凄いのです。

また「オー・マイ・ゴッド!」と叫んでいます。

自宅が焼かれたのでしょうか。

至るところで火災旋風が発生しています。

凄まじい炎の竜巻です。

鎮火率は、まだ半分にも至っておらず、どこまで拡大していくか予断を許しません。

ミロクいずるには、はじめ半ば焼くぞという予言もありましたが、初めは焼かれるそうです。

欧米は、ほんと焼かれています。

日本は水の災害です。

アメリカにはイエスが入って福音派を扇動していたはずですが、ほんと焼かれています。

極端で不自然なことを延々としておりますが、いくら中道を説いても、その口先の教えでは幸福の科学には通用しなかったようです。

実際の行いを実行している。

幸福の科学が極端な行動に出たり、極右思想をもったりするのは、神道の霊的干渉だけではないのかもしれない。

結論ははっきりしているのです。

民主主義と資本主義で「利益(神の体)」を「天」に置き、共産主義の唯物論で「物質(神の体)」を「天」に置いている世界は、間違っており、根源から変えなければならないわけです。

民主主義も共産主義も共に悪とまで言う気はありませんが、方便の政治体制であり、惑星単位の政治体制としては今後、許されなくなるのです。

民主主義と共産主義は、共に利益に比喩した善、結果に比喩した善、物質に比喩した善、方便の善なのです。

物に比喩した善しか認識できない点に地球系霊団の霊的進化レベル全体の程度が、ある程度分かるわけです。

ただ共に神の体を「天」に置いており、仏国土創造時代の現代では、これは間違っているのです。

間違っていると断定する根拠も目の前の大宇宙(神の存在)。

物質宇宙は神の所作物ではなく、神の表現である : 西田幾多郎

神の心が「天」であり、神の体は「地」で永遠に天地一体です。

この通り生きろと神は教えてくれているわけですね。

その「地」である神の体を「天」に置いているがゆえに、大宇宙、すなわち神ご自身の目から見て間違っていると言えるのです。

しかして国連加盟国193か国の、そのすべてが間違っており、これどうすんだって話。

地球規模で間違っているのです。

放っておけば、あと200年でも300年でも続けそうです。

そういうわけにもいかないでしょう。

利益と物質を「天」に置いた政治体制の中に、今後も神の子達をぶち込んで霊的修行をさせるとは考えにくいのです。

霊天上界最高霊域の諸神霊は、実に真っ当でしっかりした思想と見解を有しており、低い霊域ですと、

・・お前、もうちょっと真理は真面目にやらんとあかんど

と言いたくなる霊もおりますけれども、高い霊域の神霊は、実に真っ当な判断と見解を持ち、しっかりとした信念をもっています。

地上人間でも理解できるこの点を諸神霊が分かっていないわけはないのです。

しかしてその規模がね。

白人は優秀!(キリッ!)なんてかっこつけながら、全部間違っとるから。

世の終わりの予言もありましたが、地球的規模で間違っているならば、それを正す時、諸神霊の動きとしては、やはり地球的規模にならざるを得ないでしょうね。

そうでないとずっと資本主義や民主主義を続けていくわけです。

100年後、200年後の神の子達にそのような修行をさせるとは思えないわけですね。

どうもね。

一旦は破壊するのでしょうが、その規模が何ともね。

間違っているから破壊されるわけです。

創造的破壊と言うやつです。

何も人類全員が間違えなくてもね、と思ってますけどね。

でも間違っておりますので、それは結局は正されるのでしょう。

それを考えますと、・・・・あぁ、考えたくない。

まぁ、お手柔らかに、ということです。

関連記事

  1. 気候緊急事態宣言

  2. イルマの爪痕

  3. 大規模災害の確率「47%」

  4. インドネシア津波の被害状況

  5. ハリケーン・マリア 歴代3位(追記)

  6. ネパール地震死者2千人超に=遠隔地、被害把握進まず―エベレストで400…

  7. 破滅的な山火事 NSW

  8. 不確定な台風25号

コメント

  1. Hi there, yeah this paragraph is really nice and I have learned lot of
    things from it regarding blogging. thanks.

  2. constantly i used to read smaller articles which also clear their motive, and
    that is also happening with this article which I am
    reading here.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    神の秩序とは何か
  2. 国際

    世界経済のダーク・ストーム
  3. 気候変動

    第八の災い
  4. Truth

    原文 15
  5. 気候変動

    キーリング・カーブ
  6. 国際

    ブレグジット完了
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.02.27

    原文 16
  2. 2020.02.25

    グリム童話
  3. 2020.02.22

    創造経済 2
  1. 2015.03.23

    人間性の解放
  2. 2019.08.4

    原文 5