インドネシアの大地震

昨日9月29日、ポポカテペトル山が噴火しています。

9月16日から活発化してきたわけですが、よく噴きます。

本日9月30日、フィジーでマグニチュード6.6の地震が起こっています。

M 6.6 – 260km NNE of Ndoi Island, Fiji USGS

震源の深さは「551.2㎞」であり、深いです。

大きな被害にはならないと思われます。

インドネシアのメラピ山の溶岩ドームの膨張も続いています。

溶岩ドームの体積は、9月27日時点で「12万9000立方メートル」であり、1日あたりの成長率は「1000立方メートル」です。

溶岩が供給されているということでしょうから、いずれメラピ山も噴火するのでしょう。

何かインドネシアは噴火から地震、そして津波まで大変です。

インドネシアは、9月28日、マグにチュード7.5の大地震に見舞われましたが、大変深刻な被害となっているようです。

死者が「832人」を超えてきています。

ソース

ロンボク島での地震でも、死者「550人以上」、負傷者「7700人」、自宅に住めなくなった住民「35万人」が、現在でも避難所生活やテント生活を余儀なくされています。

相次ぐ地震によって衛生環境が悪化したのでしょうが、マラリアの感染者数も昨年の「2倍」に達しています。

地震相次いだロンボク島、137人がマラリア感染 緊急事態を宣言 AFP

西ロンボク県におけるマラリアの感染者数は昨年同時期比の2倍となる137人に達し、西ロンボク県当局は公衆衛生緊急事態を宣言。

蚊帳を配布するなど感染拡大を防止するための措置に着手した。感染者には乳児や妊婦も含まれている。

インドネシアは来月から雨季に入る見通しで、マラリア原虫を持つ蚊が水たまりなどで繁殖することが懸念されている。

まるで映画、フィフス・ウェイブですね。

自然災害の次は、感染症です。

それに加えてスラウェシ島での大地震です。

津波の高さですが、当初は「3メートル」と言われておりましたが、実際は「6メートル」を観測したようです。

上記の動画でもありますが、死者「832人」のうち、パル市での死者が「821人」であり、ほとんどがパル市での死者です。

というのは、パル市での被害状況しか把握できないためです。

他の都市や地域に行けないのです。

これは道路や橋が崩壊しているために、車や重機が他の都市に行くことができず、調べようがないため、情報が入ってきようがないことが原因です。

これですからね。

これは有名なショッピング・センターです。

これがこうなっています。

またこれは地震と津波に襲われる前のモスクです。

これが津波でこうなっています。

崩壊しちゃってるのですね。

これは橋です。

これでは調査をしに行きようがないわけです。

死者の写真も出回っています。

ソース

悲惨なことになっています。

当局は今後、千人単位で死者が増加していくと見ています。

大変な大地震です。

亡くなられた方のご冥福をお祈りしています。

メディケーン・ゾルバスの影響ですが、南からまずはマルタです。

そしてこれはシチリア東部のアチレアーレです。

そして最後にギリシャですが、ボートが何度もぶつかっています。

これがメディケーンの影響ですが、台風24号ほどではないようです。

昨日、気象庁が異例の緊急会見を開いています。

7月の西日本豪雨の時もそうでしたが、気象庁が緊急会見をする時というのは、大抵は多くの死者が出るのですね。

気象庁が異例の緊急記者会見を開くと聞けば、ドキッとします。

暴風と高潮に危機感をもっているようです。

ねぇ、不吉なことを言うでしょう。

これまでに経験のない暴風」だの「どのような被害が出るのか想像もつかない」だのね。

特に東海地方と暴風に慣れていない首都圏を警戒しているようです。

高潮は死者・行方不明者「5098名」を出した伊勢湾台風並みの高潮がくるかもしれないと言っています。

高潮警戒地域はここです。

ソース

実際、今回の台風24号の高潮は、伊勢湾台風よりも大きな高潮が予測されています。

関東での最大瞬間風速は「50m/s(112mph)」であり、カテゴリー3です。

上陸している台風でこの風速は、確かに異常です。

これが首都圏を直撃するわけです。

ソース

死者・行方不明者「5098名」を出した伊勢湾台風の最高潮位は「3.89m」ですが、今回の台風24号の最高潮位は「4.1m」なのです。

伊勢湾台風の潮位を超えているのですね。

だから気象庁は警戒している。

ここ広島県は、既に大したことはなくなっておりますが、首都圏に居住している人は、これから台風24号の襲撃を受けます。

場合によっては停電等があるかもしれません。

明かりぐらいは手元に置いて寝た方がいいかもしれません。

関連記事

  1. 危険な台風18号(タリム)

  2. トーマス・ファイア 26万7500エーカー焼失

  3. 自然の文明への逆襲

  4. カリフォルニア史上最悪規模に? トーマス・ファイア

  5. 頻発する自然災害

  6. 燃え盛る業火

  7. 白頭山噴火の懸念

  8. カリフォルニアで史上最大の山火事発生

コメント

  1. It’s actually a great and helpful piece of info. I am glad that you shared this helpful information with us. Please keep us up to date like this. Thanks for sharing.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イギリス総選挙 議席確定
  2. 国際

    イギリス総選挙
  3. Truth

    原文 10
  4. 真理関係

    ミカエルの霊言の考察
  5. 気候変動

    4つの数字
  6. 気候変動

    温暖化ガス最高値更新
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2019.12.8

    原文 10