GLAと幸福の科学 44 単T

精神の実体と本質は、自我同一性の概念におけるところの絶対的否定性である : ヘーゲル

自我同一性とは、自分が自分であること、すなわち自我や表面意識のことを指します。

ヘーゲルは、精神の実体と本質、すなわち神ご自身はこの自我を絶対的に否定したところにあると言っているのです。

関連記事

  1. 永遠の希望 ー大宇宙の存在ー 単T

  2. エリュシオン 32 単T

  3. 原文 37 単T

  4. 仏陀の法の修正 2 単T

  5. 憑依の原理 5 単T

  6. 天のソドムと地のゴモラ 3 単T

  7. エリュシオン 52 単T

  8. 原文 39 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    回想 31
  2. 単体 C

    回想 31 単C
  3. Truth

    次世代の文明の特徴
  4. 単体 T

    次世代の文明の特徴 単T
  5. 真理関係

    次世代の真文明 3
  6. Creator's Report

    回想 30
  7. 単体 C

    回想 30 単C
  8. Truth

    「転落」と「退転」とは
  9. 単体 T

    「転落」と「退転」とは 単T
  10. Creator's Report

    救世の4原理 123
  11. 単体 C

    救世の4原理 123 単C
  12. Truth

    如来の法