単体 C

GLAの教義と生長の家の教義 比較 単C

Report No.108

本来、悪なしと言って悪がなくならないのは、未熟が悪の正体だからです。

未熟な者に、悪なしと言っても、未熟な状態はそのままですから悪がなくなることはない。

もちろん神ご自身に悪はありませんが、人間は神ではありません。

神の心と人間の心には、無限の差があり、この神の心と人の心とのギャップを埋めていきませんと、悪がなくなることはない。

関連記事

  1. 絶対性理論 23 単C

  2. 光の革命 単C

  3. 救世運動の失敗と混乱 単C

  4. 回想 27 単C

  5. 人は神への信仰によって「宇宙即我」となる 単C

  6. 多次元世界 その「存在の愛」 単C

  7. 救世の4原理 81 単C

  8. 救世の4原理 56 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T