単体 T

神の存在、その5つの定義 単T

信仰とは、もちろん神を信ずることですが、救世の法における信仰とは従来言われてきた信仰とは、多少異なるものがあるかもしれません。

救世の法とは法の総決算であり、過去・現在・未来を永遠に貫く信仰ですから、神の存在を明確に定義しておかなければなりません。

単に神を信ぜよでは、盲信や狂信、あるいはカルト信仰になりかねず、宗教では生き神信仰に象徴されますように無神論と同一の結果となります。

関連記事

  1. 原文 42 単T

  2. 神約民主論国家の実現 27 単T

  3. エリュシオン 31 単T

  4. 三千世界の次元上昇 5 単T

  5. 愛の発展段階説・捕捉 1 単T

  6. 憑依の原理 5 単T

  7. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 8 単T

  8. 天のソドムと地のゴモラ 6 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T