神の存在、その5つの定義 単T

信仰とは、もちろん神を信ずることですが、救世の法における信仰とは従来言われてきた信仰とは、多少異なるものがあるかもしれません。

救世の法とは法の総決算であり、過去・現在・未来を永遠に貫く信仰ですから、神の存在を明確に定義しておかなければなりません。

単に神を信ぜよでは、盲信や狂信、あるいはカルト信仰になりかねず、宗教では生き神信仰に象徴されますように無神論と同一の結果となります。

関連記事

  1. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 7ー 単T

  2. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編4ー 単T

  3. 産婆術 単T

  4. 救世の法、その概略 単T

  5. GLAと幸福の科学 22 単T

  6. GLAと幸福の科学 36 単T

  7. 永遠の仏国土 単T

  8. 菩薩の悟り 3 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    地獄界消滅の基本法
  2. Truth

    聖なる一線
  3. 真理関係

    宗教 Ⅲ
  4. Truth

    エリュシオン 28
  5. 国際

    世界経済 リセッション確率98%(NDR)
  6. Creator's Report

    救世の4原理 95
  7. Truth

    エリュシオン 27
  8. Creator's Report

    幸福の原理とは、実在論にある
  9. Truth

    エリュシオン 26
  10. 経済

    パンデミック終了宣言 !?
  11. Creator's Report

    「永遠」なくして救いなく、「永遠」なくして幸福な…
  12. Truth

    エリュシオン 25