神の存在、その5つの定義 単T

信仰とは、もちろん神を信ずることですが、救世の法における信仰とは従来言われてきた信仰とは、多少異なるものがあるかもしれません。

救世の法とは法の総決算であり、過去・現在・未来を永遠に貫く信仰ですから、神の存在を明確に定義しておかなければなりません。

単に神を信ぜよでは、盲信や狂信、あるいはカルト信仰になりかねず、宗教では生き神信仰に象徴されますように無神論と同一の結果となります。

関連記事

  1. 天のソドムと地のゴモラ 5 単T

  2. 救世は仕切り直し 単T

  3. 霊界の可視化による地上天国 1 単T

  4. 生き神信仰 単T

  5. 仏陀の法の修正 1 単T

  6. 「一即多、多即一」の多次元世界 3 単T

  7. ファット・テール 単T

  8. GLAと幸福の科学 30 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    光の輪廻転生
  2. Truth

    神の絶対的秩序
  3. Creator's Report

    宗教界におけるお布施の問題
  4. Truth

    地球ユートピアとは天地一体の文明
  5. Special

    Axioms that classifies t…
  6. Creator's Report

    神の繁栄法則 2
  7. Truth

    原文 48
  8. Creator's Report

    神の繁栄法則 1
  9. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 3
  10. 真理関係

    真理の柱 3
  11. Creator's Report

    4つ目の「宇宙即我」
  12. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 2