神の存在、その5つの定義 単T

信仰とは、もちろん神を信ずることですが、救世の法における信仰とは従来言われてきた信仰とは、多少異なるものがあるかもしれません。

救世の法とは法の総決算であり、過去・現在・未来を永遠に貫く信仰ですから、神の存在を明確に定義しておかなければなりません。

単に神を信ぜよでは、盲信や狂信、あるいはカルト信仰になりかねず、宗教では生き神信仰に象徴されますように無神論と同一の結果となります。

関連記事

  1. 仏国土顕現とは、天地一体の悟りに在り 単T

  2. 地獄界の創造原理 単T

  3. 救世運動の失敗について少々 1 単T

  4. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 5ー 単T

  5. 罰(ばち)について一考 単T

  6. 宗教の正邪を分ける7つの公理 2 単T

  7. 三千世界即我 単T

  8. 三千世界の根源的改造としての神約民主論 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    神の存在とあの世の存在
  2. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 15
  3. 国際

    危険そうなワクチン
  4. Creator's Report

    救世の4原理 44
  5. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 14
  6. Creator's Report

    救世の4原理 43
  7. Truth

    原文 40
  8. 国際

    ロシア独自の変異株 急拡大
  9. Creator's Report

    救世の4原理 42
  10. Special

    The law of horizon Ⅲ
  11. Creator's Report

    縦の中道と横の中道
  12. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 13