単体 C

神の意志とは「幸福」に在る 単C

Report No.316

今回の「救世の法」の柱である「輪廻転生の法則」、「多次元世界の全貌」、そして「悟りの段階論」の3つの観点から見性しますと古い仏教では不完全ながらも説かれておりますが、キリスト教では全くと言っていいほど説かれていません。

輪廻転生の法則も多次元世界も、そして悟りの段階論も説かれていないわけです。

多次元世界については、霊天上界最高霊域でも共通の世界観となったのは1989年頃であり、それまでは共通の世界観ではありませんでした。

ソクラテスも天之御中主も「次元とは?」と聞かれてキョトンとしていたのです。

関連記事

  1. 霊格の決定要因 2 単C

  2. 救世の4原理 74 単C

  3. 地球ユートピア建設の基本 単C

  4. 神の秩序とは何か 単C

  5. 神の心への理解から信仰へ 単C

  6. 救世の4原理 76 単C

  7. 人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 1 単C

  8. 神の大聖典 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. 真理関係

    次世代の真文明 9
  2. Creator's Report

    救世の4原理 139
  3. 単体 C

    救世の4原理 139 単C
  4. Truth

    総括 19
  5. 単体 T

    総括 19 単T
  6. Creator's Report

    救世の4原理 138
最近の記事 おすすめ記事