アース・オーバーシュート・デー

新しい元号が、「令和(れいわ)」に決定しました。

ソース

第一印象は、一瞬「冷たい和?」と思いましたが、命令の令であり、指令の令であり、禁令の令でした。

和は押しつけられるものではないのでしょうが、何か強制された和のような印象です。

ちなみに平成で「一(イ)」、「八(ワ)」、「十(ト)」成る。

✖ 成る

〇 成らない

しばらく使おうと思っています。

神道予言は、中々、笑えるんですね。

イランでの洪水が、中々酷いことになっています。

IRAN FACES MASSIVE CRISES OVER FLOODING エルサレムポスト

イランの31州あるうちの、なんと「25州」が危機に陥っており、国の「80%」が洪水に見舞われています。

もちろん国家非常事態宣言が発令されているわけですが、この非常事態を発令するまでに1週間もかかっています。

既に「45名」が死亡しており、この洪水は、まだあと1週間は続くようです。

砂漠の地で大洪水とはね。

最近は中東方面でも洪水が多いです。

火球や流星も少し目立っています。

フロリダ州の都市、ゲインズビルの流星です。

日本の浅間山でも火口でしょうか、落ちています。

ほぼ日本のど真ん中です。

元サイトはこちらですが、午後9時37分ごろです。

今日の浅間山アニメ 2019年3月31日(日) 21:00~22:00

上記のツイッター動画の方が分かりやすく、元サイトの方は、一瞬明るく見えるだけです。

浅間山を直撃しているように見えるわけですが、何の発表もありません。

大した影響はなかったのかもしれません。

イギリスのブレグジット問題ですが、再度の国民投票とEUの関税同盟にとどまる案が、また僅差で否決されました。

意見は変わっていないわけであり、再度の国民投票はしない、EUの関税同盟からは離脱する。

英下院、離脱案の「示唆的投票」でまた全否決 EUは合意なしの準備完了と BBC

下院は、イギリスが欧州連合(EU)を離脱しつつも単一市場に残るノルウェー方式や、EUとの関税同盟、国民の意向を確認する2度目の国民投票などの議員案を検討したが、いずれも否決された。

EU側は、イギリスの合意なき離脱の可能性は高まっているが、まだ回避する可能性も残されていると言っています。

4月12日以降にブレグジットがずれこめば

「EUは大きなリスクを負うことになる」

と述べ、離脱期限をさらに延期することにEUが同意する可能性はあるが、そのためには

「強固な正当性が必要になる」

と話した。

また、

「合意なし離脱は我々が望んだものでも、意図したシナリオでもないが、加盟27カ国の準備は整った。

日を追うごとに、その可能性が高まっている」

と指摘した。

あと10日で決めなければなりませんが、決められるんですかね。

ボリス・ジョンソン前外相は、総選挙の可能性を問われて、この選択肢は有権者を怒らせるだけだろうと言っており、その可能性は低いと見ています。

総選挙もせず、欧州議会選挙にも参加しないならば、合意なき離脱しかありません。

EU加盟国27か国は、既に準備を終えています。

そのイギリスを憐れむように、3月20の春分の日、イギリスのこれまた真ん中あたりのカンブリアで神秘的な「ムーンボー」が昇っています。

ここです。

ソース

満月がスーパー・ムーンだったために生じた現象ですが、通常の虹は太陽の光が水滴を反射してできますが、この「ムーン・ボー」は、月の光でできる虹です。

通常の月あかりぐらいでは目に見えないようですが、スーパームーンであったためにできたようです。

カンブリアあたりを中心にスコットランドとイングランドが分割されるということでしょうか。

事実、今回のEU離脱は、長期的にはイギリスの解体を加速するという知見も見られます。

3月31日には、世界中の人々が、同じ日と同じ時刻に消灯することによって地球温暖化防止と環境保全の意志を示す「アース・アワー」がありました。

しかしてあらゆる国際的機関が、気候変動の加速を警告しています。

Climate change: Global impacts ‘accelerating’ – WMO BBC

世界気象機関(WMO)は、地球温暖化による物理的な影響や経済的影響が加速していると警告しています。

地球の気温を増々危機的状況に追いやっている。

現在、二酸化炭素濃度は「405.5ppm」に達しており、更に今後増加すると予想されている。

2018年には史上4番目に高い気温を記録している。

世界の平均海面水位は、昨年の2018年には前年比で「3.7ミリ」上昇し、更に上昇を続けている。

温室効果ガスの増加が、このままの軌跡を続ければ、今世紀末には気温は産業革命前から「3.0℃~5.0℃」上昇する可能性があり、既に「1℃」上昇している。

2018年には、世界中で「6200万人」もの人たちが自然災害の影響を受けたが、そのほとんどは極端な気候や天候と関連していた。

昨年は「約3500万人」もの人達が、洪水に見舞われた、とあります。

そして2019年の初頭でも既にモザンビーク等、極端な気候が続いている。

地球の資源の獰猛な消費も年々凄まじくなっており、自然資源の消費量が、1年間で自然が生産する資源生産量を上回る日を「アース・オーバーシュート・デー」と言います。

この日以後、人類は消費において赤字に陥っているということです。

人類の消費が、自然の生産量を上回る、「アース・オーバーシュート・デー」は、2000年ごろ、10月に来ていたのですが、2015年は「8月13日」でした。

2017年には「8月2日」となりこの年、人類は、わずか「7か月」で地球の資源をすべて消費し、使い切ったということです。

特に大国では、みずからが生産する量の「2倍以上」の資源を消費しています。

まさに自然界をむさぼっているわけです。

去年、2018年の「アース・オーバーシュート・デー」は「8月1日」でした。

Earth’s Annual Resources Budget Consumed in Just 7 Months 国連

年々、早くなっているということは、年々獰猛な消費が促進されているということであり、この日の早期化は、気候変動を更に促進していくのだろうなと思っています。

現在の人類は、自然界の資源を、わずか7か月ですべて使い切っており、あとは赤字です。

原資にどんどん手を付けているわけです。

これほど資源をむさぼり続けながら、果たして気候変動対策によって温暖化を抑制できるのでしょうかね。

非常に悲観的に見ています。

Earth Overshoot Day

2019年、今年の「アース・オーバーシュート・デー」は、まだ発表されておりませんが、世界環境デーである「6月5日」に発表されるようです。

果たして去年の「8月1日」より、また早まるかね。

一応、注視しています。

関連記事

  1. 変動する気候 ?

  2. ホッケースティック曲線

  3. 年内 エル・ニーニョ発生確率 70%

  4. アメリカの異常な春

  5. 人類の51%が飢餓と水不足に直面

  6. 気候ディストピア

  7. 加速する気候変動

  8. 地球温暖化

コメント

  1. An impressive share, I just given this onto a colleague who was doing a little analysis on this. And he in fact bought me breakfast because I found it for him.. smile. So let me reword that: Thnx for the treat! But yeah Thnkx for spending the time to discuss this, I feel strongly about it and love reading more on this topic. If possible, as you become expertise, would you mind updating your blog with more details? It is highly helpful for me. Big thumb up for this blog post!

  2. It’s remarkable for me to have a web page, which is good
    for my knowledge. thanks admin

  3. I’m really enjoying the design and layout of your site.
    It’s a very easy on the eyes which makes it much more enjoyable for
    me to come here and visit more often. Did you hire out a
    developer to create your theme? Exceptional work!

  4. Pretty section of content. I just stumbled upon your website
    and in accession capital to assert that I get actually enjoyed
    account your blog posts. Anyway I will be subscribing to your augment and even I
    achievement you access consistently quickly.

  5. I all the time used to study paragraph in news papers
    but now as I am a user of internet therefore from now I am using net for posts, thanks to web.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    ドゥームズデイ・プレーン テイクオフ
  2. Special

    The Hidden Purpose of Ca…
  3. Truth

    GLAと幸福の科学 参考資料
  4. Truth

    GLAと幸福の科学 50
  5. Creator's Report

    人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 1
  6. 国際

    気候変動を抑制している新型コロナ
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.10.21

    原文 29