単体 C

信仰による天地創造 単C

Report No.372

神の天地創造とは、あの世の「天」とこの世の「地」の天地創造です。

この大宇宙の創造のみならず、多次元世界の創造もあります。

神は大宇宙を創造しただけではなく、あの世、いわゆる多次元世界も創造したのです。

従ってあの世とこの世の創造をもって神の天地創造と言います。

神がこの世のみを創造したと思っているうちは、神の天地創造の意味を理解することはできません。

新たな文明を建設していくとは、神の天地創造に倣うことを意味しておりますので新たな文明とは、あくまでこの世においてあの世の「天」とこの世の「地」が天地一体となった文明を創造していくことを意味します。

関連記事

  1. 絶対性理論 14 単C

  2. 波長同通の法則と因果の理法 単C

  3. 絶対性理論 1 単C

  4. 正しき未来 単C

  5. 救世の4原理 116 単C

  6. 絶対性理論 24 単C

  7. 如来とは何か 単C

  8. 因果の理法の新展開 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T