単体 T

善業と悪業 単T

昔の宗教は、本当の神への信仰を説けませんでした。

昔は説いても人間の方が理解できなかったからです。

時代的、地域的制約から説けなかったために、結局みな方便神への信仰となっています。

本当の神への信仰が説けないわけですから、これも致し方ないとも言えますが、今回は本当の神への信仰を説ける時代ですし、また説かれなければならない。

関連記事

  1. 仏陀の法の修正 6 単T

  2. 「神の聖なる支配」について少々 単T

  3. 救世運動の失敗について少々 3 単T

  4. キリスト教から見たGLA 単T

  5. 全体の悟り 16 単T

  6. 大日意識の干渉とは 単T

  7. 原文 23 単T

  8. 総括 18 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T