単体 C

回想 2 単C

Report No.291

1986年、幸福の科学にイエス・キリストが再臨し、キリスト教の教義で修正したい点を6点上げ、イエスの神格化のために歴史上つけられてきた様々な埃とチリについて、イエスはいちいち否定しておりましたが、いずれも納得できる説明でした。

私は神の子とは言いましたが、神の一人子とは言っておらず、全ての人間は同じ神の心を宿した神の子であり、私の十字架は犠牲でも生贄でもなかったと言っていました。

ただ一点、潮文社『キリストの霊言』を初めて読んだ時、違和感を感じた部分がありました。

関連記事

  1. 救世の4原理 128 単C

  2. 次世代の文明は「当為(ゾルレン)の文明」 単C

  3. 信の総決算、その概要 単C

  4. 活殺一如 1 単C

  5. 光の革命 単C

  6. トロイの神話 単C

  7. 神とは「永遠の神秘」の体現者 単C

  8. 絶対性理論 20 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    総括 20
  2. 単体 T

    総括 20 単T
  3. 真理関係

    次世代の真文明 9
  4. Creator's Report

    救世の4原理 139
  5. 単体 C

    救世の4原理 139 単C
  6. Truth

    総括 19
最近の記事 おすすめ記事