多次元世界 その「存在の愛」 単C

Report No.223

カルト宗教の定義とは、神への信仰がないのに信仰を語る宗教です。

もう、これに尽きています。

神への信仰がないとは、その教祖自身に神への信仰がないわけですから、そのカルト宗教の教祖は必ず自己都合で神の御名を騙って法を説いています。

関連記事

  1. 次世代は神の文明となる 単C

  2. 救世の4原理 91 単C

  3. 他力信仰の正体 単C

  4. 絶対的上位者と相対的上位者 単C

  5. 救世の4原理 89 単C

  6. 霊格の決定要因 1 単C

  7. 救世の4原理 76 単C

  8. 回想 13 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    救世の4原理 105
  2. 単体 C

    救世の4原理 105 単C
  3. Truth

    探究項目としての多次元世界
  4. 単体 T

    探究項目としての多次元世界 単T
  5. Creator's Report

    真理と現象利益は、神の存在に依存している
  6. 単体 C

    真理と現象利益は、神の存在に依存している 単C
  7. Truth

    人類の救済と幸福は神の存在に依存している
  8. 単体 T

    人類の救済と幸福は神の存在に依存している 単T
  9. 真理関係

    追悼 大川隆法 3
  10. Creator's Report

    救世の4原理 104
  11. 単体 C

    救世の4原理 104 単C
  12. Truth

    大日意識の干渉とは