単体 C

大宇宙、その「存在の愛」 単C

Report No.347

人間精神の根源的本質を神の心と言いますが、過去・現在・未来の全人類の心は等しくこの同じ神の心につながっています。

従って個性の相違はあれども誰であろうが、自己の心を知っていけば、必ずこの同じ神の心に到達します。

そして神の心が自己を客体化した世界が大宇宙であり、神の心と神の体で構成されている大宇宙に過去・現在・未来の全人類は支配されています。

大宇宙が人類を支配しているということは、大宇宙が神だと言うことです。

人類は自分達を永遠に支配している存在を知らないのです。

誰にも支配されていないと思っているのです。

この永遠の支配者への無知が世界腐敗の原因の一つです。

関連記事

  1. 人類の未来 単C

  2. 神の思想レベル 単C

  3. 宇宙即我の歴史 単C

  4. 宗教の正邪を分ける公理 単C

  5. 神の世界計画 4 単C

  6. 黄金の文明 単C

  7. 多次元世界の秘密 単C

  8. 人類の幸福の原点とは信仰にある 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T