単体 C

宗教改革 単C

Report No.301

神の心そのものをずばりと捉えて説かれる真理を実相説と言い、神の体(物質)に譬えて説かれる真理を方便説と言います。

真理とは実相即方便であり、人・時・所の三条件によって変化する方便の善を実相で統一した善を言います。

方便の善とは物質に比喩した善、利益に比喩した善、自我に比喩した善、快楽に比喩した善であり、時空に比喩した善ですので、この人・時・所の三条件変化によって説かれる真理もまた変化していきます。

関連記事

  1. 回想 33 単C

  2. 絶対性理論 15 単C

  3. 救世の4原理 18 単C

  4. 救世の4原理 32 単C

  5. 信仰がこの世に神をあらわす 単C

  6. 絶対性理論 4 単C

  7. 救世の4原理 106 単C

  8. 天地創造の法 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    総括 25
  2. 単体 T

    総括 25 単T
  3. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  4. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  5. Truth

    総括 24
  6. 単体 T

    総括 24 単T
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.15

    総括 25
  2. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.15

    総括 25
  2. 2024.06.12

    総括 24 単T