単体 T

左右の両極端を捨てて中道に入れ 単T

今回の「救世の法」は実質、高橋信次氏から始まっております。

救世の原点の方ですから彼を無視して「救世の法」の完成はありません。

彼の法の白眉は多次元世界の全貌を明確に説いたことであり、この意味を知っている方もそう多くはないでしょう。

一時期、お釈迦さんのところに出ていたのですが、1990年を最後に出れなくなりました。

1991年の後半に一度複数の他の如来の反対を押し切って強制的に出ようとしたことがあったのですが、結局は出れなかったようです。

関連記事

  1. 「信仰の義務」への昇華 単T

  2. 天変地異の奥義 単T

  3. 存在の愛 2 単T

  4. 避けられない宗教改革 単T

  5. 多次元世界の意味 単T

  6. ゴッド・ハンド 単T

  7. 神約民主論国家の実現 1 単T

  8. 霊格と過去世 2 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イラン VS イスラエル
  2. Creator's Report

    宇宙即我の歴史
  3. 単体 C

    宇宙即我の歴史 単C
  4. Truth

    戒律 13
  5. 単体 T

    戒律 13 単T
  6. Creator's Report

    永遠の復活
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T