左右の両極端を捨てて中道に入れ 単T

今回の「救世の法」は実質、高橋信次氏から始まっております。

救世の原点の方ですから彼を無視して「救世の法」の完成はありません。

彼の法の白眉は多次元世界の全貌を明確に説いたことであり、この意味を知っている方もそう多くはないでしょう。

一時期、お釈迦さんのところに出ていたのですが、1990年を最後に出れなくなりました。

1991年の後半に一度複数の他の如来の反対を押し切って強制的に出ようとしたことがあったのですが、結局は出れなかったようです。

関連記事

  1. すべてはゼウスに始まって、ゼウスに終わる 単T

  2. 神の存在 3 単T

  3. 天のソドムと地のゴモラ 6 単T

  4. 菩薩の悟り 2 単T

  5. 偶像崇拝 1 単T

  6. 仏陀の法の修正 5 単T

  7. 愛の発展段階説・捕捉 1 単T

  8. 産婆術 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    光の輪廻転生
  2. Truth

    神の絶対的秩序
  3. Creator's Report

    宗教界におけるお布施の問題
  4. Truth

    地球ユートピアとは天地一体の文明
  5. Special

    Axioms that classifies t…
  6. Creator's Report

    神の繁栄法則 2
  7. Truth

    原文 48
  8. Creator's Report

    神の繁栄法則 1
  9. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 3
  10. 真理関係

    真理の柱 3
  11. Creator's Report

    4つ目の「宇宙即我」
  12. Truth

    信仰の義務と自由の同一性と相違 2