単体 C

救世の4原理 116 単C

Report No.343

実在とは、本当にある思想、本当にある価値、なくならない価値を言いますが、罪はなくなるものですので実在ではなく、現象です。

罪や悪とは、神の心の自覚と統一によって現象無常でなくなっていくものです。

罪を実在とし、罪を「在り」とすれば、地獄界はなくなりません。

罪とは永遠の実在ではないということです。

人間・罪の子の思想は方便であり、人間はいずれ必ず「なくなるもの」の子ではなく、永遠に「なくならないもの」の子であり、神の子です。

永遠の子であり、永遠ではないものの子ではありません。

その意味で人間・罪の子の思想は誤りです。

関連記事

  1. 謙虚さの本質は悟りに在り 単C

  2. 救世の4原理 118 単C

  3. 多様な真理の本源 単C

  4. 地球ユートピアの造り方 単C

  5. 天地一体の理法とは宗教改革の土台 単C

  6. 救世の4原理 8 単C

  7. 救世の4原理 104 単C

  8. 悟りとは希望の創造 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の試し
  2. 単体 C

    信仰の試し 単C
  3. Truth

    永遠なる自己
  4. 単体 T

    永遠なる自己 単T
  5. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  6. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  1. 2024.06.19

    知の原理