単体 C

救世の4原理 125 単C

Report No.377

キリスト教における地獄論は、宗派によってその捉え方が異なっておりますが、簡単に言えば「ゲヘナ」は「永遠の地獄」であり、「ハデス」は煉獄といって最後の審判を待つ一時的な魂の待機所のように認識されています。

煉獄はカトリック特有であり、東方正教会やプロテスタントでは認めていません。

煉獄は、天国に昇るために火の浄化が必要な世界ですが、イエスを信じない者は、やはり永遠の地獄に投げ入れられることになっています。

カトリックが天国と地獄の中間領域に煉獄を設けたのは、「永遠の刑罰」を受ける、あるいは「永遠の業火」に焼かれるというのは、残酷過ぎて神の無限の愛に反するのではないかという疑問から人間の思想として出てきたものです。

関連記事

  1. 救世の4原理 22 単C

  2. 神の世界計画 2 単C

  3. 救世の4原理 115 単C

  4. 信仰の必然性、その概要 単C

  5. 宇宙とは一冊の問題集である 単C

  6. 回想 30 単C

  7. 幸福の正体 単C

  8. 理念教育学 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T