単体 C

救世の4原理 24 単C

Report No.123

一点の罪もなく、悪もない神の心から生まれた神の子が、罪の子のわけないのです。

罪の世界とは地獄界であり、罪びとの世界です。

人間が罪の子ならば、人間は地獄界の子であり、悪魔の子ということになる。

拡大解釈をすれば、人間は罪の子なのだから、全て地獄界から生まれ変わってくると捉える者が、今後出てきても驚きません。

天国は神の心の世界であり、地獄界は罪の世界です。

人間を罪の子と定義するならば、どう見たって天国から生まれてくるというよりも、地獄界から生まれてくると捉えた方が筋が通ります。

関連記事

  1. 信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C

  2. 全体の法としての「宇宙即我」1 単C

  3. 回想 11 単C

  4. 宗教界におけるお布施の問題 単C

  5. 救世の4原理 68 単C

  6. 善悪の基準としての大宇宙 単C

  7. 地上天国の創り方 単C

  8. 神について Ⅰ 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    救世の4原理 144
  2. 単体 C

    救世の4原理 144 単C
  3. Truth

    総括 30
  4. 単体 T

    総括 30 単T
  5. Creator's Report

    救世の4原理 143
  6. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命